【食文化】インドネシア人は日本人よりも〇〇を食べる・・・?!

みなさんこんにちは!!
実は先日、デング熱にかかってしまいました。。。が、普通の風邪だと思い自力で治しました。笑
蚊に刺されないようにみなさんも気を付けて下さいーー。


さて、本日はインドネシアにおける米食文化についてお話していきたいと思います。
実はインドネシアでは、ケンタッキーやマクドナルドでお米がメニューにあるんです!!
驚きですよね。

日本人はお米大好きなイメージですが、インドネシア人の方が好きなんじゃないかと私は思っておりますので詳しく掘り下げていきたいと思います。

コシヒカリなどの入手方法もご案内しますので、どうぞ最後までご覧くださいね。

 

■インドネシアの米食文化

インドネシアでは、日本と同じくお米が主食です。
最近は、おしゃれなパン屋さんも増えてきてパンを食べる人もいますが、日本に比べたらまだまだ米食の人の方が多いです。

特に、ジャワ人はお米を食べないと「ご飯を食べた」とならないのでお昼ごはんをパンだけですませたりすると「大丈夫??体調悪いの??」と心配されます。笑

風邪ひいて食欲がない時とかも「ご飯たべないたダメ」とか言って無理やり食べさせようとします。あれはまじで勘弁して頂きたいです。。。笑

 

冒頭でお話しましたが、マクドナルド・ケンタッキーでも白米のメニューがあります。
インドネシアへ来た当初、「マクドで米ぇぇ??!!」と不思議に思ったのですが、慣れるもんでフライドチキンと白ご飯を今では普通に食べてます。笑

インドネシア料理で「Ayam gprek」(アヤムグップレック)という、フライドチキンをにんにく・唐辛子など調味料とすりつぶす料理があるんですがおすすめです!!
ご飯にもよく合いますし、ビールのおつまみにも◎!!
唐辛子の数をリクエスト出来ますので、辛いのが好きな方は10個以上挑戦してみてくださいね。次の日おしり死にますのでお気をつけて。笑

辛いの苦手な方は、唐辛子なしも出来ますのでご安心下さい。
ちょい辛は、3個~5個で丁度いいでしょう。
私は初め2個から注文してたのですが、今では7個です。笑

 

■インドネシアのお米

インドネシア産のお米もあり、このように様々なメーカーから販売されてます。

そしてジャカルタではコシヒカリも手に入ります!!
金額はローカル米より少し高いですが、めちゃくちゃ高いというわけではないので駐在の方達はコシヒカリをよく購入しているようです。

ちなみに、あきたこまち・ひとめぼれもトコペディアで購入可能ですがこちらは高いです。。。

味もやはりブランド米だけあって違います。
インドネシア産のお米は、ナシゴレン(インドネシア炒飯)にもよく使われますので少々パサついているのです。

私は地方に住んでおりますので手に入らず、トコペディアで購入しております。
オンライン化がどんどん進んできていてありがたいです♬


~ここで豆知識~
お米のデンプンが糖分になる温度は80度と言われており、この80度になるまでの時間が短いとデンプンが糖分に分解されにくく、ご飯の甘みが出にくいようです。
なので、氷を入れたり冷蔵庫で冷やしてから炊くなどお米が80度になるまでの時間を長くしてじっくり炊き上げることで、デンプンがしっかり糖分に分解され、甘みがある美味しいごはんになるそうです!!

こちらはインドネシア米でも実践済ですが、お米によっては日本と同等レベルのお米が味わえます!!

 

■日本との違い

やはり、ローカル米と日本米とでは全然違います。
まず、安いローカル米は必ず小石が混ざってます&お米が割れていて通常の半分位のサイズになっています。。。

上記画像のようなToko beras(トコべラス)と言うお米屋さんがあり、量り売りで安いのですが品質はあまりよくないです。

ローカル米を購入される場合は、上記画像のようなちゃんとしたパッケージのお米や5kg 6万ルピア以上の物をお勧めします。



ちなみに私はこちらの↑↑お米を都度購入しておりますが、先述したように冷やして炊くと問題なくおいしく頂けます。

そして、インドネシアではプラスマナンという自分でおかずを取るスタイルのお店があるのですがここによく玄米が置かれています。
スーパーに普通に玄米が並んでますし、玄米を食べる文化は日本よりも強いような気がします。
健康にもいいですし、玄米ダイエットをインドネシアで始められてみてはいかがでしょう。
私は1週間しか持ちませんでしたが。笑
やっぱり白米はおいしい!!

 

■まとめ

インドネシアでも美味しいお米が食べたいとなっても、問題なく手に入りますのでご安心を。
吉野家、牛角など大手日系企業が進出してきてるのもありお米のレベルがどんどん上がって来てるように感じます。

こちらのローカル米も工夫をすればおいしく日本さながらのお米を味わえることが出来るので、自分の好みにあったお米を見つけてくださいね。
ちなみに、べちゃべちゃなお米が好きなインドネシア人が多いですのでお米がべちゃべちゃしてても失敗ではありませんので見て見ぬふりをしましょう。笑
恐らく、インドネシアでは熱い食べ物を出すと失礼な行為となってしまうので、ちょっと冷ましてから出すので水分多い方が時間が経ってちょうどいいくらいなのかなと思います。

熱いと手で食べれませんからね、そして手で食べるとなんだかおいしく感じます!!
多分、外で食べるカップラーメンが美味しいみたいな感覚だと思います。笑

それでは、みなさんのインドネシアライフがちょっとでもグルメになるよう一緒に楽しみましょう。

最後までありがとうございました♬♬

★maki green★

 

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

maki green

「与えられた環境を楽しむ」をモットーに生きてたら、インドネシアに辿り着きました(笑) 猫アレルギーなのに猫11匹と共存してたり、甘いの嫌いなのにクレープ屋を経営してたりちょっと変わってるんだと思います。。。 楽しむことを常に探しているため、どこかにいけば何か面白いことが起こります。 そんな、面白いエピソードを交えてインドネシアの魅力をお伝えしたいと思います!

記事をシェアする

関連する記事