ちょっぴり危険で刺激的なジャカルタのカウントダウン

記事をシェアする

明けましておめでとうございます!

ICONIC Indonesiaのみーぽんです。常夏のジャカルタで暑~い新年を迎えました。
新年のカウントダウンといえば、ニューヨークのタイムズスクエア前やドバイのブルジュ・カリファが有名ですね。
でも、ジャカルタだって負けていないんです!

ジャカルタ中心地「モナス」で行われる新年のカウントダウンがとっても斬新かつ刺激的だと聞きつけ、Iconic Indonesiaのスタッフと早速行ってきました。


人で埋め尽くされる歩行者天国

カウントダウンが一番盛り上がるモナスへ行くには、ジャカルタ経済の中心街「スディルマン通り」を通過します。普段はこの道、ひどい渋滞に悩まされるのですが、この日だけは人・人・人!

ジャカルタ市内の年越しの様子

日系企業がひしめく通りも楽しげな音楽と笑い声で賑わいます。世界人口4位の実力を嫌というほど感じる熱気でした。

東南アジア特有の伝統的着ぐるみ

東南アジアお決まりの、奇妙な着ぐるみ。この後ドラ〇もんやキ〇ィちゃんにも遭遇しました。

虹色の電飾がついたインドネシア銀行

インドネシア金融を司るインドネシア銀行も、レインボーカラーに染まります!

ジャカルタ名物「独立記念塔」

12月31日22:30頃 ジャカルタ名物「独立記念塔」の前にて
カウントダウンを心待ちにする人で溢れ返っていました!

 

花火なのか爆発なのか?わからない

日付が変わる2時間くらい前から、街の至るところで花火が打ちあがり始めます。

 

花火といっても、ホテルや自治体が打ち上げ花火を用意しているわけではありません。
ジャカルタ市民個々人が屋台で買って勝手に打ち上げるんです。

年越し花火

年越しの花火(2)

四方八方から花火が打ちあがり、もはや花火なのか爆発なのか分からない状態に・・・

いよいよカウントダウン10秒前!!

さあ、いよいよ12時!!
モナスの盛り上がりも最高潮に・・・!

年を越した瞬間から帰路につくインドネシアの方たち

と思いきや、なぜか12時を目前にして帰路につく人たち・・・ここにきて人がまばらになります。
彼らは道の途中で年明けを迎えるのでしょうか?
真相はなぞのままですが、この適当さ加減が、インドネシアらしくていいですね。

 

私の感覚では、年明け15分前頃が、一番盛り上がっていたように思います。
燃え尽きるのが少々早いですね。
年明けの瞬間は皆でカウントダウンするわけでもなく、なぜか日本人グループだけがはしゃいでいました。


まとめ

インドネシア独特のこの熱気、そして集まる理由はカウントダウンではなく、「ただ人がいるから」
そんなおおらかで楽しい(?)カウントダウン、是非皆さんにも体感していただきたいです。

【注意】

インドネシアでは現在、このような大勢の人が集まる場所ではテロの危険性が高まっていると言われています。
花火も至近距離で打ちあがるため、怪我には十分気をつけてください。
興味のある方はしっかり安全を確保して楽しんでくださいね!

みーぽん

ICONIC

都内女子大3年生。大学ではイスラム研究に没頭、「もっとムスリムの世界を肌で感じたい!」とインドネシアへ。以前はフィリピンで、お化粧を通した国際協力をしていました。趣味は旅行と散歩。好きな食べ物は牡蠣とナッツ類です。

記事をシェアする

関連する記事