マレーシアで見ておくべきウォールアート群(ペナン・イポー・マラッカ)

記事をシェアする

こんにちは、マレーシア在住のライター パンダンです。

マレーシア観光というと、まず浮かぶのがブルーやピンクのモスク(Masjid/Mosque)、そしてクアラルンプールのランドマークとも言えるペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Towers)といった定番スポットかと思います。

そしてもう一つ、マレーシア国内ではウォールアート(ストリートアート)が有名なエリアがいくつかあります。もともとは地域活性化、あるいはイベントなどの際に描かれたものでした。

何よりも目をひくのがマレーシアの生活、食、文化、などをアジアらしく色彩豊かでフォトジェニックなところ。

最もよく知られているのはペナン島ですが、首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)はもちろん、他の都市にもあり人気のスポットとなっています。

今回はその中からペナン島、マラッカ(Melaka)、イポー(Ipoh)のウォールアートをご紹介します。

世界遺産の街ペナン島のジョージタウン

2008年に世界遺産の中でも文化遺産として登録されたのがペナン島観光の中心となるジョージタウン(Georgetown)です。

ウォールアートマレーシア

旧市街エリアとなるため、ショップロット(マレーシア風商店街)が軒をつらね、レトロな雰囲気が漂います。

ジョージタウンの街を歩くと目をひくのがウォールアート。もともとは2012年に開催されたジョージタウン・フェスティバルのイベントの一環としてリトアニアのアーティストが描いたことが始まりでした。

ウォールアートマレーシア

ただ描くだけではなく、例えば中華料理の蒸し器である蒸篭(せいろ)やオートバイなどといった小物を使っている作品もあります。

ペナン島のウォールアートについての詳細や地図のダウンロードはこちらから(英語)。
Penang Global Tourism

白きコロニアル建築の街イポー

クアラルンプールから北へ約200kmに位置するイポー(Ipoh)。華人が多く、ローカルグルメのメッカとして知られています。

ウォールアートマレーシア

かつては主要産業の錫(すず)鉱山があったことで、賑わっていた街イポーの中心といえば今も昔もコンキュバイン・レーン(Concubine lane)周辺

古い街並みの中に点在するウォールアートのテーマはさまざま。アメリカの伝説の有名女優や、マレーシアの家庭の風景などです。

ウォールアートマレーシア

ウォールアートについての詳細や地図のダウンロードはこちらから(英語)。
Ipoh Tourism Board Official Website

西欧とマラッカ王国の歴史が交差するマラッカ

2008年にペナン島とともに世界遺産の街となったマラッカ(Melaka)

オランダ、イギリスの統治、マラッカ王国時代と東西の歴史が融合した独特の文化が特徴的な街です。またマラッカ海峡の貿易の要所としても重要な位置にありました。

ウォールアートマレーシア

ウォールアートが見られるのはマラッカ川周辺。夜市で有名な通称ジョンカーストリート(Jonker Street)と呼ばれる界隈からマラッカ川両岸の遊歩道沿いとなっています。

マラッカ・リバー・クルーズ(Melaka River Cruise)はマラッカ川を遊覧船に乗って楽しむ約45分のアトラクション。川沿いの建物に描かれたウォールアートを楽しむことができるのでおすすめです。

建物の側面に描かれたこちらのマラッカ海峡の夕日をテーマにした作品ですが、前に駐車している車と比べるとそのスケールの大きさは一目瞭然です。

ウォールアートマレーシア

ウォールアートはインスタ映えも抜群。描かれているテーマは、マレーシアの生活、文化、民族など、とても興味深いのが特徴です。

そして実際に見てみると思ったよりも大きかったり、鮮やかな色使いに圧倒されます。

風雨にさらされ、経年変化で消えていくものもあるウォールアート。その儚さも合わせ、ぜひ見ておきたいマレーシアの風景の一つです。

写真:全て筆者撮影

野生の勘を磨け!

野生の勘を磨け!

ICONIC

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。旅は自分で車を運転していくのが好き。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

記事をシェアする

関連する記事