就職・転職するならマレーシア!今注目の求人 「BPO」とは

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアで注目の求人 BPO」です。

BPO マレーシアの画像

移住先として人気の高いマレーシア。

近年、マレーシアへ現地で働く日本人の需要が高まっており、その中でも「BPO」へ就職や転職をする日本人が急増しています。

この記事では、「BPOとはどういうもの?」「どのような求人があるの?」「求人へ応募する流れは?」といった疑問にお答えしています。

この記事を参考にして、マレーシアへの就職や転職を考えてみてくださいね。

 

在マレーシア企業も多数掲載!転職支援サービスに登録(無料)

 

BPOとは?

BPOとはBusiness Process Outsourcing/ビジネスプロセスアウトソーシング の略で、企業が自社の業務プロセスをBPO専門業者などの外部企業に委託することを指します。

外部委託する業務は経理、情報システム、企画・マーケティング、カスタマーサポートなど多岐に渡り、社員の採用から業務の指示、必要なシステムの導入まで全てBPO専門業者などの外部企業が行うことが一般的です。

マレーシア政府がBPO企業を優遇しており、近年多くのBPO企業が進出しているのです。

そのため、日本人を顧客とする企業は積極的に日本人を募集しています。

どのような求人があるの?

BPO マレーシアの画像

求人は時期に関係なく1年を通して募集しているので、まずは就職/転職サイトなどで「マレーシア 求人」「マレーシア 就職/転職」というように検索してみましょう。

また、転職エージェントに相談しながら自分の希望にマッチした求人を効率的に探す方法もあります。

BPOの求人には以下のような特徴が多くみられます。参考にしてくださいね。

《求人の特徴》
・日本語のみでも可能な仕事が多い
・「英語が話せる」「営業経験がある」「PCスキルがある」といった経験が活かせる
・面接は主にSkypeなどオンライン会議ツールでの面接が可能(最終面接のみ現地面接ということも)なため、日本にいながら就職/転職活動ができる

 

では、実際にどのような求人があるのかみてみましょう。ここでは多くの求人から3つ取り上げています。

◆カスタマーサポート
マレーシアで募集しているBPO求人の中で最も多い職種です。

サービス・旅行・通信・通信販売など、さまざまな業種において日本人顧客向けに問い合わせ対応などのカスタマーサポートを行います。

例)
【業務内容】

フードデリバリーやインターネット販売のカスタマーサポート

【職務内容】
顧客からの電話・メールでの問い合わせ対応
(在庫管理、ホームページの修正、料金問い合わせ、使い方などの問い合わせが多い)


◆企画、マーケティング
例)
【業務内容】
インターネットサイト・ブラウザ型プラットフォームの立ち上げ、運営

【職務内容】
サービスの企画・運営管理・サポート、取引企業とのやり取り・調整など
(日本、または近隣国への海外出張あり)


◆ITエンジニア
例)
【業務内容】
ITサービスの保守・運用業務全般

【職務内容】
日系企業の社内管理システムの保守・運用
顧客向けにシステムなどの交渉・報告

ーーーー
3つの仕事を紹介しましたが、他にも多くの求人があります。

「自分の経験が活かせる仕事はある?」「新しい仕事にチャレンジしてみたい!」といった要望にマッチした求人があるかもしれません。

求人への応募方法とは?

1)求人へ応募
「マレーシア 求人」「マレーシア 就職/転職」などのキーワード検索や、転職エージェントに相談しながら、まずはどのような求人があるのか探してみましょう。

海外には日本と同じような仕事から、海外ならではの仕事までさまざまな仕事があります。

そのため、仕事探しをしながら「どのような業種や職種を募集しているのか」「給与水準はどのくらいか」「どのような福利厚生、待遇を受けることができるのか」などのその国の相場を知ることも大切です。

応募したい企業が見つかったら積極的に応募しましょう。

2)履歴書、職務経歴書などの必要書類の提出
日本での就職/転職活動と異なるのが、提出する必要書類です。

日本では「履歴書と職務経歴書」の提出が一般的ですが、英文での履歴書(レジュメ)が求められます。

英文での履歴書(レジュメ)には、日本でいう「履歴書と職務経歴書」にあたる内容を記載することが多いです。

3)Skypeなどのオンライン会議ツールを使って面接
海外への就職/転職の場合でも、日本での就職/転職活動と同様に面接回数は1次面接、2次面接、最終面接と平均3回行うことが多いです。

日本にいながら海外就職/転職活動を行う場合、初めの1次面s熱、2次面接はSkypeなどのオンライン会議ツールを使い、最終面接だけ現地企業での面接が求められることがあるようです。

日本にいながら就職/転職活動ができるといっても、少なくとも一度は就職/転職を考えている国へ渡航しておくことをおすすめします。

4)内定が出たら
企業から内定が出たら、業務内容や労働条件の内容を確認します。

給与や待遇に関して交渉することもできるため、「ポジション」「給与」「労働条件、福利厚生」に関し、お互いが納得できる内容となっているかしっかり確認しておくことが大切です。

内定受諾したら、就職/転職先の企業に入社するまでのスケジュールに合わせ、マレーシアへ渡航する準備をします。

《海外渡航準備》
・日本の住居の引き払い
・電気・ガス・水道などの停止手続き
・市町村役場にて海外転出届けの提出
・就労ビザ(※)の取得に必要な書類の準備
・持っていく荷物の整理など
(その他、年金や健康保険の継続・停止手続きなど必要であれば行いましょう)

※注意!※
就労ビザがなければマレーシアで働くことができません。

基本的には就業先の企業が行いますが、「就労ビザの取得にはどのような書類がいつまでに必要なのか」「いつ頃取得できるのか」に関しては企業と密に連絡をとるようにしましょう。

ーーーー
ここまでBPO企業の求人についてお話ししてきました。

「マレーシアで働いてみたい!」
「海外就職/転職が気になっている」
という方は、まずはどのような仕事があるのか検索してみては?

 
 


 

マレーシア勤務の求人をお探しの方へ

iconicJobでは、「マレーシアで働きたい」「グローバルに活躍したい」方のために転職支援サービスを提供しています。
興味をお持ちの方は、以下の申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。ご利用は全て無料です。

転職支援サービスに登録(無料)

 

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事