マレーシアでGrabを使おう!ドライバーと連絡を取る方法とは?

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「Grabドライバーとの連絡の取り方」です。

マレーシアに来るなら必須アプリ「Grab」。

予約した場所が違っていた!
Grabドライバーが到着する時間に間に合わない・・
荷物が多いけど、車に乗るかな?

こういう時、Grabならドライバーと連絡を取ることができるので便利です!

今回は、Grabドライバーとの連絡の取り方をご紹介します。

 

Grabとは

Grabはマレーシア生まれのアンソニー・タン氏が創業した、シンガポールの会社です。タクシー配車サービス「Uber」が東南アジアから撤退、タクシー事業を引き継ぐ形になり、一気に事業が拡大しました。

東南アジアのほとんどの有名な都市でGrabを使うことができ、タクシー(他にも都市によってはバイクタクシーやトゥクトゥク)の配車からフードの注文、配達、決済まで可能です。

Grabはマレーシア以外に、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、カンボジアなど8カ国168都市で利用できます。

 

ドライバーと連絡をとる(連絡が来る)場面とは?

・ドライバーが待ち合わせ場所を確認する時
・乗車する人が遅れる時
・乗車する人の情報を事前に共有したい時
(大きな荷物が○個ある、ベビーカーがある、○人で乗ります、など)
・待ち合わせ場所を変更したい時、など

 

《電話・メッセージ》ドライバーとの連絡のとり方を紹介!

(1)Grabのドライバーの現在地を表示する画面を表示

ドライバー部分をタップすると「電話」「メッセージ」アイコンが表示される

連絡方法を選び、アイコンをタップする
・電話の場合、電話のアイコンをタップするとすぐに電話をかけることができます
・メッセージの場合、メッセージアイコンをタップするとメッセージのやり取りできる画面に移動します
Grab ドライバー 連絡の画像

(2)メッセージの場合
伝えたいことをキーボードを使って入力し、ドライバーへ送信しましょう
Grab ドライバー 連絡の画像

※カメラ機能を使って、近くの建物などを撮影し現在地を知らせることも可能です
Grab ドライバー 連絡の画像

Grab ドライバー 連絡の画像
カメラアイコンを押すとカメラが立ち上がるので、目印になるもの・どこの前にいるのかわかる写真を撮影し、ドライバーへ送信しましょう

 

まとめ

Grabは今いる場所からタクシーに乗ることができる、とても便利なアプリです。

地図で設定しているものの、どこで待っているのか分かりづらかったり、

その場所で少し待っていて欲しかったり、

大きな荷物が車に載せることができるのか不安だったりしますよね。

そういう時にドライバーとやり取りできれば、お互いスムーズに利用できます。

この機会に使ってみてくださいね!

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事