皆でベトナムの新年を祝うためのボランティア活動

ベトナムで旧正月の時期である「テト」がもうすぐやって来ます。
今、各地ではテトを迎える準備を始めています。テトは家族全員が集まって、新しい年を迎えることを楽しむ時です。

今回、私はベトナムのテトシーズンにおこなわれているボランティア活動についてご紹介したいと思います。

 

生活困窮者も帰省できるように車を手配

現在、ホーチミンのような大きな都心部では、とても多くの人が地方から上京し働いています。人によってはテトの時期が家族と過ごせる唯一の機会なので、上京しているベトナム人にとって、テトはとても大事な時期です。

地元が遠い人はテトが来ると、本当に地元へ帰ることができるか心配になってきます。なかには毎月家族から仕送りをもらって生活している人もいるので、テトのときに高い交通費が出せずに地元へ帰れないかもしれない…という不安もあると同時に、家族にとっても帰省できるかどうかは気になります。

その対策の1つとして、毎年親切なボランティアの人々が、生活に困窮し帰省するのも難しい人々に対して、無料の乗車券約1000枚を配っています。生活が苦しい学生や地元が遠い学生に対しても、支援金として3000枚近くの無料乗車券を配っています。無料の乗車券を寄付する以外に、30万ドンの価値があるプレゼントをあげることもあります。

引用:http://letsviettravel.vn/thue-xe/bang-gia-cho-thue-xe-ve-tet-nguyen-dan-2018

 

「ボランティアの春」プロジェクト

毎年テトシーズンに、大学生が「ボランティアの春」というプロジェクトを準備しています。このプロジェクトは大学生が地方を訪れて、体の不自由な高齢者のために学生が村の道を掃除します。孤独で体の不自由な高齢者の家を訪問し、家を掃除したり介護したり、またプレゼントをあげて、テトを祝う準備をサポートしてくれる活動です。

引用:https://tuoitre.vn/chien-dich-xuan-tinh-nguyen-2015-mang-xuan-am-den-moi-neo-703170.htm

 

「愛の家」で子ども達とテトを祝う

愛の家とは、ベトナム各地にある児童養護施設です。毎年「ベトナムの家族」プログラムという、テトの時期に各地の子ども達が集まりテトを祝うイベントが行われて、各地から1500人以上の子供達が参加しています。子供達は一緒に遊んで、お年玉をもらうことができます。無料の3D映画チケットも寄付されたそうです。

引用:https://vnexpress.net/thoi-su/gan-2-000-tre-dac-biet-o-sai-gon-vui-tet-3149009.html

 

帰省しないグループでパーティー

どうしても帰省できない人たちは、旧正月の大晦日に自分達が働いている会社でパーティーを行います。実家に帰れない人たちが集まって、家族と一緒に過ごす代わりに、パーティーをして新年を祝います。

 
ベトナム人はテトのときが一番心が温まる時期です。全てのベトナム人が新しい年を迎え、そして幸せを共に分け与える時期がテトだと思います。

ICONIC

師範大学で日本語を専攻しているベトナム人の3年生です。 私の趣味は旅行、外国語です。私はまだ若くて、健康だから、新しい地へ行きたいと思っています。 私の合い言葉は“いつも頑張って、成功を得る“。日本とベトナムの関係を近くしようと思っています。 アイコニックを通して、日本人がベトナムの人、文化、生活などのことを理解しやすいように協力します。宜しくお願い致します!

記事をシェアする

関連する記事