ネット通販サイト【LAZADA】で商品の注文から受け取りまでを解説!

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「【LAZADA】で商品の注文から受け取りまでの流れ」です。

LAZADAの画像

日本では楽天市場やAmazonなどのネットショッピングが便利で使いやすいと、広く普及していますよね。
マレーシアでも、「LAZADA(ラザダ)」という便利なネットショッピングサイトがあるんです!

この記事では、どのように注文したらいいのか?と、家に届くまでの流れを解説します。
ネットショッピングをする際の参考にしてみてくださいね。

 

LAZADA(ラザダ)とは?

「東南アジアのAmazon」と呼ばれている「LAZADA(ラザダ)」。
マレーシア以外でもタイ、ベトナム、インドレシア、シンガポール、フィリピンの6カ国で利用できます。
豊富な品揃えや、店頭で買うよりも安く買えるものが多い、ということから人気を集めています。

 

LAZADAで商品を注文してみよう

さっそくLAZADAを使って商品を検索、注文してみましょう。

(1) アプリをインストール、またはホームページを開く
《ホームページ》
LAZADAの画像

《アプリ》(Android,iOS対応)
LAZADAの画像

(2) アカウント作成、ログイン
Googleアカウント、Facebookアカウントとの連動が可能です。
LAZADAの画像

LAZADAの画像

(3) ログインしたら、「Home」から商品を検索する
《主な商品の検索方法》
・検索ボックスに商品名などを直接入力して検索する
・「Flash Sale」セール商品から選ぶ
・「Most Popular」=人気商品から選ぶ
・「Health&Beauty」「Woman’s Fashion」などカテゴリーから選ぶ
・条件検索をする

検索ボックス
LAZADAの画像

条件検索画面
LAZADAの画像

(4) 欲しい商品が見つかったらクリックする
今回は「スチームアイロン」を検索しました。

商品画面では、以下のような操作ができます。
・商品の詳細、到着までの期間・配達料金などが確認できる
・「Wish」=お気に入り登録(ハートマーク)
・「Buy now」=即購入、「Add to Cart」=カートに入れる

LAZADAの画像

商品詳細画面

届け先住所を入力すると、到着までの期間、配達料金の確認が可能
LAZADAの画像

(5) 欲しい商品が見つかったら、購入する
《購入方法》
・商品画面からの即購入の場合、「Buy Now」をクリック
・カート内の商品の購入の場合、「Check Out」をクリック

(6) 届け先の情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス)や商品内容、金額があっているか確認し、「Place Order」で注文完了
LAZADAの画像

(7) 注文後、支払い方法を選択する
支払い方法は、以下の方法から選べます。

・Credit/Debit Card(クレジット、デビットカード)
・Lazada Wallet(Lazada)
・7-Eleven(セブンイレブンでの店頭支払い)
・Installment(分割払い)
・Online Banking(オンラインバンク)
・Touch’n Go eWallet(Touch’n Goカードと連携した電子決済サービス)
・Cash on Delivery(代引き)

LAZADAの画像

(8) 注文後から商品到着まで、配達状況を確認する
注文後は、「Messages」→「Oeders」にて配達状況が確認できます。

LAZADAの画像

LAZADAの画像

LAZADAの画像

 

まとめ

この記事では、LAZADAでの商品の注文方法から到着までの流れを解説しました。
中国やベトナムなど、マレーシア以外の国の商品を購入することもありますが、配達状況を逐一チェックできるので、商品到着のタイミングをある程度予想することができます。

検索すればするほど「いいな…」と思う商品がたくさん出てくるので、家にいながら買い物するのがとても楽しくなりますよ!
ぜひ使ってみてくださいね!

 
 


 

マレーシア勤務の求人をお探しの方へ

iconicJobでは、「マレーシアで働きたい」「グローバルに活躍したい」方のために転職支援サービスを提供しています。
興味をお持ちの方は、以下の申し込みフォームよりお気軽にご連絡ください。ご利用は全て無料です。

転職支援サービスに登録(無料)

 

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事