マレーシア|物件探し・引っ越しに役立つ情報とポイントまとめ〈後編〉

418

こんにちは!マレーシア在住のライター Yuuuuです。

マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアの物件探しや引っ越しのポイント」です。

前編ではマレーシアと日本の物件探しの違いや、物件探しを始める前に知っておきたいことをお届けしました。

後編に入る前に少し前回のポイントをおさらいしておきましょう。

〈前回のおさらいポイント〉

◆日本との物件探しの違い

①部屋や不動産業者の探し方が異なる

②部屋ごとにオーナーが異なる

③多くの部屋が家具付き物件

④住んでからトラブルが発生することもある

◆住むことができる3つの物件タイプ

①コンドミニアム

②サービスアパートメント

③リンクハウス、バンガローハウス

◆家賃相場や物件の調べ方

iPropertyPropertyGuruなどの賃貸検索サイトを活用する

◆日本人に人気の居住エリア

・モントキアラ(クアラルンプール)

・バンサー(クアラルンプール)

・デサパークシティ(クアラルンプール)

・KLCC(クアラルンプール)

・TTDI(セランゴール)

・サウジャナ(セランゴール)

 

今回は前回の続きとして、物件を探す際に役立つポイントや、引っ越しにかかる費用についてお届けしたいと思います。

 

物件探しに役立つ4つのポイント

ポイント1.まずはじめに優先順位を決める

納得のいく物件を見つけるためにも、まずは自分の優先事項と優先順位を決めておきましょう。

優先事項や優先順位は人によって異なりますが、例えば以下です。

例)

優先順位1:家賃はRM〇〇以内

優先順位2:勤務先企業から30分以内

優先順位3:徒歩圏内に駅がある

 

優先事項のその他の例)

・徒歩圏内にスーパー、病院がある

・ベランダ付き物件

・バスタブ付き物件

・ペット可の物件 ・・・など

 

希望はいくつあってもいいですが、譲れない条件は2つか3つほどにしておきましょう。

優先事項と優先順位を決めておくと、賃貸検索サイトや不動産業者を利用する際に希望と合致する物件が絞りやすくなります。

 

ポイント2.勤務先企業や学校へのアクセス

勤務先企業や学校への通勤・通学しやすいかどうかは大変重要です。

車なのか、バスや電車を利用するのか、といった通勤・通学の手段から、住むエリアを判断していきましょう。

お子様が日本人学校へ通う場合は、バスルートからモントキアラかサウジャナになります。

またマレーシアは車社会で渋滞が起きやすいため、渋滞を考慮した通勤・通学時間をもとに決めましょう。

 

ポイント3.スーパーや病院へのアクセス

生活に欠かせない食料品や生活必需品が揃うスーパーや、何かあったときに対応できる病院が近くにあるか確認しましょう。

車を持つ予定がないのであれば、スーパーやショッピングモール、クリニックまたは総合病院が徒歩圏内か、タクシーで15分~20分以内の距離にあると安心です。

車をお持ちの場合でも、スーパーやショッピングモール、病院の駐車場探しは大変なので、徒歩やタクシーですぐ行ける距離だと便利でしょう。

コンドミニアムの中にはショッピングモール直結のものも増えています。

 

ポイント4.治安の良さやセキュリティの質

マレーシアでは空き巣や誘拐といった事件も少なくありません。

そのため、物件周辺の治安状況やコンドミニアム内のセキュリティレベルは重要です。

物件近くに治安が悪いエリアがないか、エージェントに確認しましょう。

マレーシアではコンドミニアムや居住エリアの出入り口や、共有スペースにセキュリティ警備員がいますが、場所によってセキュリティの質が異なります。

アクセスカードがなければ建物の出入りやエレベーター操作ができないかなど、セキュリティレベルを確認しておくと安心です。

 

引越しにかかる費用はどのくらい?

実際引越しする際にどのくらいの費用が必要なのか、気になりますよね。

ここでは費用の基準となる家賃相場と、賃貸契約時に必要な初期費用をみてみましょう。

 

家賃相場

時期やエリアで大きく変動するためあくまで参考値ですが、一般的なクアラルンプールの家賃相場を紹介します。

◆単身者‥RM2,000〜2,500/月(約5.8〜7.3万円)

◆家族連れ‥家族の人数にもよりますが、RM2,800~3,500/月(約8.2〜10万円)

◆ルームシェア‥ルームシェアだと一気に家賃は下がり、RM1,000/月(約2.8万円)ほどからあります。

 

賃貸契約時に必要な初期費用

オーナーや利用する不動産会社によって違いはありますが、一般的な初期費用は以下です。

初期費用の例)

・初月分の家賃 家賃1か月分

・デポジット 家賃2か月分

・水道光熱費用デポジット 家賃の½

・契約事務手数料(※1) RM400

・カードデポジット(※2) RM100

※1賃貸契約書を作成する費用。不動産業者やオーナーによって異なる

※2建物や共用施設、駐車場へいく際に使用するカードのデポジット。不動産業者やオーナーによって異なる

==========

例)家賃RM2,500(約7.3万円)の部屋に住む場合

初月分の家賃+デポジット+水道光熱費用デポジット+契約事務手数料+カードデポジット

=2,500+5,000+1,250+400+100

=9,250(約27万円)

となります。

 

まとめ

生活スタイルや優先事項によって最適な居住エリアや物件は異なりますが、納得いく物件を選ぶためにも事前の情報収集はもちろん、物件の内覧や物件周辺の環境など実際に自分の目で見て確認しましょう。

この記事が物件探しや引越しの際の参考になると幸いです。

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

Yuuuu(外部ライター)

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(2歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事