日本人スタッフが常駐! マニラ(フィリピン)でオススメの病院3選!

病院は、できればお世話になりたくないものですが、健康で安全に暮らしていくためには必ず必要なもの。

まして海外に住んでいるのであればなおさら、信頼できる病院が近くにないと心配ですよね。

フィリピンは、台風や雨の多い「熱帯気候」。そのため、季節の変わり目になると免疫力が低下し、体調を崩してしまう日本人の方が多いように感じます。また、衛生面は日本と比べると良いとは言えないため、お腹を壊したり感染症にかかったりしやすいのは事実。

もちろん気を付けていればとても快適なフィリピンですが、万が一の場合に備えて、相談できる医師やすぐに行ける病院を知っておくことが大切です。フィリピンには、英語が苦手な方でも安心な「ジャパニーズヘルプデスク」のある病院もあります。

今回は、マニラで評判のいい3つの病院をご紹介します! ぜひ参考にしてくださいね。

 


5つ星病院! セント・ルークス・メディカル・センター グローバル・シティ(St. Luke’s Medical Center – Global City)


 
「5つ星」とも言われている、セント・ルークス・メディカル・センター グローバル・シティ。

フィリピン国内で初めて、医療認証機関JCIの認証を受けた、トップクラスの私立総合病院です。
高級感あふれるロビーやフロントデスクの対応などは、高級ホテルに引けを取りません。世界で最高クラスの病院のひとつで、アジア、ミクロネシア、中東、ヨーロッパ、アメリカなど世界中から患者を受け入れています。

2012年に「世界の最も美しい病院(One of the Most Beautiful Hospital in the World)」に選ばれ、さらに2014年には「世界のベストホスピタル2014(20 Best Hospital Worldwide for 2014)」にも選ばれています。

ベッド数は約650床、共有ルームとプライベートルームに分かれています。
約半分を占めるプライベートルームは、「スタンダード」、「デラックス」、「スイート」などホテルのようにランクがあり、どのお部屋も清潔です。プライベートルームには、備え付け液晶テレビ、シャワー、ソファ、パソコン、プリンターなどの家具・家具が用意されています。
スイートルームにはキッチンまであり、1泊50,000ペソ(約110,000円)とかなり高額!
海外旅行保険などに加入していれば費用負担はありませんが、加入していない場合は全額自己負担となるのでご注意ください。
※保険条件等により、カバー範囲は異なるため、詳しくは加入の保険会社へご確認ください。

わたしがセント・ルークス・メディカル・センター グローバル・シティを強くオススメしたい理由は、なんと言っても日本人スタッフのサービスが充実しているから。
外国人患者対応センターがあり、日本人スタッフが常駐しています。電話をして症状を伝えると、希望に添って医師を紹介しもらえて、予約も可能。診察時に英語での対応が不安という場合には、日本人スタッフに付き添ってもらうこともできます。英語で医師に症状を上手く伝えられない、医師の説明が上手く聞き取れない、という人には嬉しいサービスですよね。
保険等の手続きについても丁寧に教えてもらえます。

<詳細情報>
・病院名:セント・ルークス・メディカル・センター グローバル・シティ(St. Luke’s Medical Center – Global City)
・住所: Rizal Drive cor. 32nd St. and 5th Ave., Taguig
・電話番号:02-789-7810 ※ジャパニーズヘルプデスク:02-506-7985
・診療時間:24時間(ジャパニーズヘルプデスク 月曜~金曜 8:30-17:30 土曜 9:00-12:00)
・入院:可
・公式ウェブサイト:http://www.stluke.com.ph

 
 

マカティ・シティでダントツの評判! マカティ・メディカル・センター(Makati Medical Center)


 
メトロマニラのビジネスの中心地マカティ・シティに位置する総合病院で、1969年にできた少し古い病院です。

セント・ルークス・メディカルセンターが「5つ星」なら、マカティ・メディカル・センターは「3つ星」とよく言われます。マカティ・メディカル・センターには先端設備が整っていて、マカティ・シティではかなり評判の高い病院です。マニラに住んで1年半となりますが、わたしはずっとこの病院を利用しています。

わたしは風邪をひいたり、急に体調が悪くなったときは、マカティ・メディカル・センターの緊急外来(Urgent Care)を利用しています。緊急外来はお昼から夜の間と、土曜日が特に混雑しているので、待ち時間は1時間から2時間は見ておいた方が安心です。
医師の診察には事前予約が必要ですが、予約をしていても1時間以上は待ち時間がかかります。朝や日曜日に行くとスムーズに診察が受けられますよ。
スタッフ、ナース、医師の対応はとても親切で、個人的にもマカティ・メディカル・センターは非常にオススメです。
ジャパニーズヘルプデスクもあるので、予約等で心配な方はまずこちらに電話されてみてはいかがでしょうか。

ベッド数は約600床。スタンダードルームのお部屋には、シャワーや液晶テレビが備え付けられています。
希望によって共有ルームやデラックスルームなどに変更可能です。日本人の場合、何も希望しないとハイクラスのお部屋に入れられて、高額を全額自己負担になってしまいまうという話も聞きますので、海外旅行保険等に加入していない場合はご注意ください。

<詳細情報>
・病院名:マカティ・メディカル・センター(Makati Medical Center)
・住所:2 Amorsolo Street, Legaspi Village, Makati City
・電話番号:02-888-8999 / 02-623-1054 ※ジャパニーズヘルプデスク:02-623-1054
・診療時間:24時間 無休
・入院:可
・公式ウェブサイト:http://www.makatimed.net.ph/

 
 

日本人医師がいる! マニラ日本人会診療所(Japanese Association, Manila Medical Clinic)


 
フィリピンでは外国人の医療行為は禁止されていますが、マニラ日本人会診療所は日本人会が運営、日本人医師が派遣されています。

マニラ日本人会の会員だけではなく、非会員の一般旅行者、フィリピン在住の日本人とその関係者でも受診することができます。非会員の場合は追加料金を支払うことで受診可能です。
駐在員などの日本企業から派遣されている人や、日本の健康保険に任意で加入している人にとって嬉しいのが、日本で国民健康保険、社会保険の還付が可能な点。診察を受ける際は、一時的に全額負担となりますが、日本に帰国した際に還付請求ができます。

マニラ日本人会とは、1957年に「マニラ日本人会俱楽部」として設立され、証券取引所(SEC)から認可されている非営利団体です。
フィリピンに住む日本人とその家族が安全に楽しく暮らせるようにチャリティ活動、文化活動、事業活動などを行っています。入会を希望する場合は申込書と証明写真、入会費、身分証明書を持参し、直接マニラ日本人会のオフィスへ行く必要があります。詳しくはマニラ日本人会のホームページに掲載されています。(マニラ日本人会入会方法

<詳細情報>
・病院名:マニラ日本人会診療所(Japanese Association, Manila Medical Clinic)
・住所:23F Trident Tower, 312 Sen. Gil Puyat Ave. Salsedo Village Makati City
・電話番号:02-818-0880、02-819-2762
・診療時間:
【一般診療】月曜~金曜 8:30-11:00 / 13:30-16:00 土曜 08:30~11:00 休診日: 日曜・祝祭日
【産婦人科】火曜・木曜 9:30-11:00
【小児科】 水曜・金曜 13:30-16:00
・入院:不可
・公式ウェブサイト:https://jami.ph/clinic/

 
 

<参考>フィリピンのヘルス・インシュアランス(医療保険)に加入している場合


 
現地企業に雇われている場合、会社がヘルス・インシュアランス(一般医療保険)に加入している場合が多いのではないでしょうか。わたしもその一人です。

この場合、「1病気当たり、年間で~ペソまでカバー」というようなプランに加入していることが多いかと思います。本人の名前とナンバーが記載されたインシュアランス・カードが会社から渡されます。病気で医師の診察を受けるとき、緊急外来を利用するときはプランに応じて医療費がカバーされます。自己負担が減るので使わない手はありません!

どの病院を利用できるのか、何ペソまでカバーしてもらえるかは、保険会社のプランによります。所属企業の人事担当に確認をしてくださいね。

例えば、わたしの会社の場合、”Maxicare”という保険に加入しています。
Maxicareカードが支給されていて、1病気あたり年間で76,000ペソ(約167,000円)までカバーしてもらえる契約です。保険会社Maxicareとの契約上、今回ご紹介したセント・ルークス・メディカルセンターでは利用できませんが、マカティ・メディカルセンターでは利用できます。

いつも利用するマカティ・メディカルセンターでは、医師の診察を受ける際は、まず施設内にあるMaxicareオフィスへ行き手続きをします。Maxicareカードと会社IDを提示し、希望の医師の名前を伝えると、LOA(Letter of Authorization)が渡されます。診察室の受付でLOAを提出すると受診できます。予約をしていない場合は、LOA発行と同時に予約をしてもらえます。緊急外来を受診する場合はわざわざMaxicareオフィスへ行かなくても、緊急外来受付ですべて手続きをしてもらえますよ。

保険会社によって手続きの仕方が違うので、受診する前に人事に確認してみるとよいでしょう。
受診方法は病院によって異なるので、分からない場合、まずは一般受付で尋ねてみてくださいね。

 


いかがでしたか?

わたしはフィリピン生活が2年半ほどになり、今では一人で病院へ行けるようになりました。
しかし留学生時代はなかなか一人では行けず、日本人スタッフに付き添ってもらっていました。

フィリピンには日本人に嬉しいサービスのある病院がたくさんあります。今回ご紹介した病院は、現地に住む日本人から評判のよい病院ばかり。
病気や怪我の際はつい不安になってしまいますが、頼れる病院が分かっていれば安心ですね。

好きな食べ物はタコス

好きな食べ物はタコス

カジコ(外部ライター)

カジコと申します。フィリピン人の楽観的でなまけものなところに惹かれ、フィリピンのマニラに住みはじめました。いまは愛しい彼氏と、のんびりマニラの生活を楽しんでいます。好きな食べ物はメキシコ料理のタコスです。

記事をシェアする

関連する記事