シンガポールのカラオケ「KBOX」に行ってみた

記事をシェアする

シンガポールにもカラオケがあります。海外の曲だけでなく日本の曲もたくさん入っていると聞いて、懐かしさのあまり行ってきました!


シンガポールのカラオケ事情

実はシンガポールには、カラオケがたくさんあります。親日国であり、また日本からの駐在員も多いシンガポールには、なんと日本のカラオケシステムであるDAMを採用しているカラオケまで。

最大級のチェーン数を誇っているのは「KBOX」。シンガポール国内に11店舗のチェーンストアを展開しています。運営会社は「カラオケ本舗まねきねこ」を経営しているコシダカホールディングスです。

このネコのキャラクターを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

IMG_2481

そう、シンガポールでもこのキャラクターは健在なんです。

IMG_2480

 

日本と同じ料金システム

今回はオーチャード(Orchard)にあるKBOXへ行ってみました。
広々とした入口ですが、よく見ると寿司ののれんが。

IMG_5076

のれんがあるのは、ディナーブッフェ付のプランがあるため! 毎日18時から22時の間はディナーブッフェを楽しむことができるんです。

料金プランは時間帯によって異なりますが、2時間パックと3時間パックを選ぶことができます。

平日昼間は2時間15シンガポールドル(約1,200円)、夜は18シンガポールドル(約1,400円)。
金曜・土曜の夜は高くなり、28シンガポールドル(約2,200円)となります。
ディナーブッフェ付プランだと3時間で32シンガポールドル(約2,500円)。割とリーズナブルですね。

KBOXでは日本と同じように、フードやドリンクを頼むこともできます。
メニューのレイアウトが日本を彷彿とさせますが、値段を見て驚愕。ウイスキーのボトルを入れようものなら、1本2万円はします。ちなみにこの価格、シンガポール国内では安い方です。

IMG_5078

 

日本と微妙に違うカラオケルーム

こちらがカラオケルーム! 部屋の感じも想像通りのカラオケルームです。部屋には電話が付いており、フードやドリンクの追加オーダーができます。ここまではもう完全に日本のカラオケ。

IMG_4953

しかし、肝心のカラオケの操作機械はなぜか一箇所に固定されており、非常に使いづらいものでした。大型のiPadのような機械をタッチパネルで操作します。

IMG_5079

中国語、英語、マレー語が選べるあたりはさすがローカルに根ざしたカラオケ。

IMG_4954

ただ、とても操作しにくいです。

なんとか日本の曲一覧にたどり着きましたが、古い。

IMG_4955

頑張って探すとちらほらと新しめの曲(?)も。

IMG_1762

時々PVが流れてテンションが上がります。

IMG_4958

ただ、やはり曲を探すのが大変すぎました。誰かが歌っているのを盛り上げる余裕がありません。知っている曲を探すのに必死にならざるを得ないこの不思議な機械……。海外の曲の検索も一苦労でした。

 

それでもカラオケは楽しい!

歌を探すのはとても大変でしたが、それでも日本の曲をカラオケで歌うことができるのはとても気持ちがよく、楽しかったです。

夜遅くまでやっているので、仕事終わりに飲んだあと二軒目でカラオケに行けば、まるで日本にいるかのような気分でストレスを解消できることは間違いありません。

カラオケで気分転換、おすすめです。


MANEKINEKO Cathay Cineleisure Orchard(Level 8)

住所:8 Grange Road #08-01 Cathay Cineleisure Orchard Singapore 239695
電話:6756 3113

hitomilk

好奇心の奴隷

ICONIC

お酒と居酒屋と人間が好きです。世界で一番お酒がおいしく飲める場所を探し求めて、海外の酒場を放浪しています。最貧スラム街から天空ルーフトップバーまでお酒が呼べば何処へでも。未知との遭遇とお酒の誘惑という快楽の奴隷であること以外はごく普通の女の子です。たぶん、おそらく。

記事をシェアする

関連する記事