陸上も水上も自由自在!タイ・バンコクの10通りの交通手段

初めまして、バンコク在住のneu(ノイ)と言います。

これからタイについての様々な情報を皆様にお届けしていきたいと思います。
どうぞよろしくお付き合いください。

まずは、タイの入門編。移動に便利なタイの10通りの交通手段についてご紹介いたします!

 

タイの交通手段①まさにスカイトレイン!高架鉄道「BTS」

バンコクの高架鉄道BTS

首都バンコクの交通で主要エリアを結ぶのが、このBTSスカイトレイン(Bangkok Skytrain)。

スクンビット通りやシーロム通りといった観光、ビジネスの中心エリアへわずかな時間で移動可能です。バンコクでは名物とも言えるほど、交通渋滞が激しい…。そんな車だらけの道路を眼下に、快適に目的地へ到着できます。

 

タイの交通手段②空港から中心部に出るなら「エアポートレールリンク」

空港から中心部に出るなら「エアポートレールリンク」

空港と市内中心部を結ぶ、エアポートレールリンク(Airport Rail Link, ARL)。

空港からタクシーで中心部へ移動するよりも、断然お得。スワンナプーム空港から終点のパヤータイ駅まで、およそ150円程で行けます。パヤータイ駅はBTSと連結しているので、そのまま乗り継いで人気エリアに移動出来ますよ。

 

タイの交通手段③南北を結ぶ地下鉄「MRT」

街中を結ぶMRT

BTSが北西から南東に伸びている路線であれば、地下鉄MRTはその中央を南北に交差している路線。

北は巨大ウィークエンドマーケットで有名なチャトチャックパーク駅から、南はチャイナタウンのあるファランポーン駅を結んでいます。運賃は初乗りで50円くらいからで、遠くまで乗っても150円程度と安く快適に移動出来ます。

 

タイの交通手段④多少の渋滞でもやっぱり快適な「タクシー」

タクシー

エアコンが効いていて、自分たちだけの空間で移動できるタクシーは、どこの国でもやはり快適。

バンコクのタクシーは初乗りが120円くらいで、日本に比べると圧倒的に安く利用しやすいと言えます。メーターで走るタクシーがほとんどですが、近距離でも「100バーツ(≒300円)なら行くよ」というような言い値タクシーも未だにありますので、観光地ではやや注意が必要です。

 

タイの交通手段⑤タイらしさと言えば「トゥクトゥク」!

タイの象徴トゥクトゥク

バイクの後ろに座席がついた、あの独特の乗り物がトゥクトゥクです。
運転手によって装飾が個性的であったり、音楽をガンガンかけながら走るなど、とても開放感のある乗り物。

ただし運賃は最初に確認しておきましょう。当然タクシーなどより高めなので、観光客相手には350円くらいから言ってくる運転手が多いでしょう。以前のようなあからさまなボッタクリはありませんが、少し交渉してみるのがいいかもしれませんね。

いずれにしてもそのユニークなルックスから、観光客にはとても人気です。

 

タイの交通手段⑥東南アジアではポピュラーなバイクタクシー「モーターサイ」

バイクタクシー「モーターサイ」

バイクの後部座席に座る、市民の足となっている交通手段のモーターサイ。

初乗り35円くらいからであるため、日常的に利用されています。車の間を器用にくぐり抜けて走るので、ある意味渋滞知らず。ただし転倒事故も少なくないため、運転手にもよりますが、雨の日や交通量の多い場所では避けたほうがよいでしょう。

 

タイの交通手段⑦安さイチバン!「路線バス」

安さ重視の路線バス

最も安く移動するなら路線バスでしょう。24時間走っており、バスによってはなんと運賃無料があったりします。

最も安いエアコン無しバスでは、初乗りは25円ほどと格安。乗りこなすのに若干ハードルは上がりますが、利用価値大です。

 

タイの交通手段⑧現地ではイマイチ扱いの低い「列車」

タイ国鉄

日本では日常の移動から旅の手段としてまで、広く浸透している列車ですが、タイではイマイチの扱いの低さ。

タイにおいて、列車は人よりも貨物の運搬が主であるため、列車よりもバスのほうが長距離でも快適な作りになっています。ただ運賃は非常に安く、バンコクから世界遺産のアユタヤまでエアコン無しの車両であれば、運賃はなんと70円程度!これはタイ国有鉄道という、いわゆる国鉄であるせいでしょうか。

それになんといっても、車窓からの眺めは列車ならではの楽しみですね。

 

タイの交通手段⑨運河の都市バンコクならでは!「運河ボート」

運河の都市バンコクには「運河ボート」

バンコクを満喫するなら、風情のある水上交通がおすすめ。

バンコク市内は運河が多く、特にセンセーブ運河ボートは有名ショッピングエリアのすぐ近くまで移動することが出来て便利です。運賃も安く、近距離なら30円程度で移動可能。

 

タイの交通手段⑩川沿いの観光をするなら「エクスプレスボート」

川沿い観光のためのチャオプラヤー川エクスプレスボート

また、チャオプラヤー川沿いの寺院巡りをするなら、チャオプラヤー川エクスプレスボート(Chao Phraya Express Boat)がおすすめ。

安い料金で有名な暁の寺へも行くことができます。ポピュラーなコースはBTSサパーンタクシン駅にある渡船場から、暁の寺やワット・ポーのある渡船場まで50円程度で行けます。時間にして約15分ほどのクルージングをお楽しみいただけますよ!

 

いかがでしたか?
タイの公共交通は非常に種類が豊富!

気分に合わせて移動手段を選ぶことができるので、旅行などで来られたら是非色んな交通手段を利用してみてくださいね。
ではまた~!

寒冷地好き

寒冷地好き

ICONIC

寒冷地好きのくせにバンコクに住んで3年。内省的な創作活動も陽気なタイではさっぱり似合わず。しかし独特の個人主義というか堪え性のないこの国の気質に呆れつつ助けられつつの毎日を過ごしております。

記事をシェアする

関連する記事