日本とはちょっと違うベトナムの書道文化

書道はベトナム人にとって馴染みのあるものです。
ベトナムの書道は1950年~1960年の間で発展が始まり、中国を始め日本や韓国からも影響を受けています。

 

ベトナムの書道は教育文化に大きく影響する

「字は体を表す」ということわざにもあるように、字はその人の人柄や性格、個性を表すと言われています。人徳のある人は綺麗な文字を書き、怠慢で大雑把な人は汚い字を書くと言われています。

ベトナムでも、昔は朝廷内で優秀な幹部を選ぶ際に、書道と武道の両方に優れた者が選ばれていたそうです。

引用:https://download.com.vn/docs/phan-tich-hinh-anh-ong-do-trong-bai-tho-ong-do/download

 

ベトナムの書道の書き方

ベトナムでは昔からの言い伝えによって、テトなどの祭日が近くなると、家族は書道の達人を訪れて彼らの作品を購入します。両親は子供達にその作品を見せながら、書道を練習させることによって、達筆な教養のある子供に育てるためです。

ほとんどの作品は「タム(Tam)」(心)、「ニャン(Nhan)」(忍)、「タイ(Tai)」(才)などの1文字もしくは短めのことわざが書かれています。

 
書道を書く際には、きちんと整った環境で書かなくてはなりません。まず、書道を習う生徒は先祖達に線香をあげなければなりません。そして精神を統一させ、書道を書くこと以外何も考えてはいけません。また、書く人はアオザイを着なければなりません。

引用:https://laodong.vn/archived/pho-ong-do-2013-vang-khach-692851.ldo

 

ベトナムの書道教室の普及

近年、ベトナムでは書道はお年寄りだけではなく、若い人も書道教室に通うほど広く普及しています。彼らが書道を習う理由は、長時間の勤務や勉強からのストレスを取り除くための、気分転換の一つとして捉えられているようです。

また、ベトナムに滞在している外国人の間でも、ベトナムの書道への関心が高まっているそうです。現在は英語で教えている書道教室も多くあるそうです。

引用:http://antoangiaothong.gov.vn/cafe-giao-thong/ong-do-ngoai-thuong-viet-thu-phap-bang-tieng-anh-26891.html

 
テトシーズンでは、ファンゴックタン通りとグエンティーミンカイ通り(青年文化センターの近く)で、新年を祝う作品を書く書道の先生が約30人が集まりました。

書道は字を書くだけではなく、私たちベトナム人の文化的背景も学ぶことができます。それが書道に魅力を感じる理由の1つかもしれません。

日本語翻訳ライター

日本語翻訳ライター

ICONIC

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事