【2300万いいねを獲得】ベトナムのFacebookで大人気!若者が作る架空キャラクター

記事をシェアする

みなさん、こんにちは。
ホーチミン在住のベトナム人Hanです。

今日、世界の発展と通信技術の進歩によって、多くの人々がインターネットにアクセスできるようになりました。特にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の出現は、世界中の人々の距離を縮め、また自由に思想・創造し発信できる場として定着しています。そのトップに君臨するのが、みなさんもご存知のFacebookです。
今回は、Facebookを通じて自身の作品を発信するベトナム人の若者に着目し、彼らの活動について取り上げます。

 

Facebookで人気な架空のキャラクター達

2017年のベトナムにおけるFacebookの利用者数は6400万人に上り、世界で第7位となりました。都市レベルで見ると、ホーチミン市は世界TOP10にランクインする利用者数を誇ります。そしてその75%が、18~34歳の若者という統計が出ています。
彼らの多くは、友達探しやメッセージのやり取り、オンラインショッピングなどを目的に利用しますが、中には自身の作品を発信する場所として利用する人もいます。可愛くてユニークな架空のキャラクターを作り、たくさんの「いいね!」を獲得したり、ファンページを所持していたりします。
多くのユーザーに認知されている人気キャラクターは、企業のブランドや広告キャンペーンを発信するチャネルとしても利用されています。キャラクターによる情報発信は面白く、ユーザーにとっても不快感なく受け入れることが出来るからです。

 

若手クリエイターが生み出す、人気キャラクター誕生の経緯

次に、特に人気なキャラクターやファンページについて紹介します。

① 七色のうさぎ(Thỏ bảy màu)

最初はこちら、「七色のうさぎ」です。

 

引用:http://bluec.vn/xay-dung-nhan-vat-hu-cau-xu-huong-content-hot-tren-mang-xa-hoi.htmlhttps://www.ohay.tv/view/nhung-nhan-vat-hu-cau-gay-sot-cong-dong-facebook/586116a34f

これはThai Ngocさん(24歳)というクリエイターの作品です。
七色うさぎが生まれたきっかけは、過去にNgocさんが交通事故に遭った際、その悲しみをキャラクターに代弁させて発信した事が始まりです。Ngocさんは子供の頃からうさぎのぬいぐるみが好きで、それを実在する人に見立てて、日常の出来事や気持ちなどを表現しています。これがユーザーから共感を得て人気になり、今ではファンページ上で170万以上のいいねを獲得しています。

 

② Thang Fly Comic

次は、Thang Fly Comic(タン・フライ・コミック)というファンページを紹介します。このページは今年で30歳になるThangさんが管理しています。今や110万以上のいいねを獲得している人気ページですが、彼はこれまでに3年余りの時間をかけて、1000ページ以上の漫画と100本の原稿を制作してきたそうです。
人気が出たきっかけは、2017年の元旦にハイフォンで出現した「竜の盆栽」です。

引用:https://www.facebook.com/thangfly

このおもしろ可笑しい竜の姿が話題となり、ベトナムのSNSでホットトレンドになりました。少しピカチュウに似ていることから、「ピカロン(Pikalong)」という愛称で呼ばれています。ピカ(Pika)とベトナム語の竜(Long)を合わせた造語です(ちなみにピカロンは著作権登録がされています)。
この盆栽がきっかけでThang Fly Comicは広く知られるようになり、他にもたくさんのキャラクターが生まれました。アザラシ・クジラ・鳥・パンダ・ブタ・ピカロンのお母さん等など…。七色のうさぎと同じく、キャラクターを通じて日常の出来事について取り上げ、ユーザーを楽しませてくれます。
現在、Thangさんは日本で市場調査会社と協力し、ピカロンの海外進出を目指しているそうです。いずれば皆さんの国でお会いできるかもしれません。

 

③Ve Bay

3つ目は、ベトナムで最も成功したファンページ「Ve Bay」についてです。様々な犬のキャラクターによる日常を描いた作品を掲載しており、いいね数は2300万人に上ります。

引用:https://www.facebook.com/vebay69/?fref=ts

イラストが細部まで書き込まれていて、可愛くて読みやすいので、私も大好きなページです。
寂しい気持ちになった時に、ここで面白い作品を見ると元気になれますよ。みなさんも見てみてください。

 

④Dau do tung tang(ぴょんぴょんする赤豆)

4つ目はこちら、「ぴょんぴょんする赤豆」です。

 

引用:https://baomoi.com/nhan-vat-dau-do-tung-tang-khien-dan-mang-phat-sot/c/16121614.epihttps://www.ohay.tv/view/nhung-nhan-vat-hu-cau-gay-sot-cong-dong-facebook/586116a34f

赤豆に手足が生えていて、ぴょんぴょんと走るのでこの名前が付きました。Mai Thyさん(22歳)が作ったキャラクターで、可愛い見た目に反して「世界を統治したい」などと大胆な発言をします。Thyさん自身をコピーしたキャラクターだそうで、快活でユーモラスな性格をしています。
彼女は赤豆を通じて生活や恋愛・家族・勉強について発信しており、その愛らしい姿でユーザーの心を掴み、74万人ものフォロワー数を獲得しました。
ファンページ:https://www.facebook.com/pg/daudotungtang/

 

⑤Dam Lay(泥沼)

最後はこちらです。Dam Layは泥沼という意味の他に、ジョークが好きでふざけている人を指すこともあります。キャラクターは濃い眉にピンクの唇という化粧をした虎で、いつも自分はうさぎだと主張しています。

 

引用:https://www.facebook.com/DAMLAY96/https://www.facebook.com/DAMLAY96/photos/a.1786383354978875/1786383318312212/?type=3&theater

Dam Layのイラストは大雑把ながら、笑いのツボをおさえていてとても面白いです。ファンページ上では映画のレビューやアプリ・ゲームの広告を掲載することもあります。現在は28万いいねを獲得していますが、これからもっと増えると思います。

 
ご紹介した以外にも、ベトナムのFacebookには様々な架空のキャラクターのファンページがあり、若者の間で非常に人気です。加えて、膨大なファンが集まるコミュニティは、企業にとって絶好の“営業の機会”であり、キャラクターを活用したビジネスが盛んに行われています。ベトナム語の勉強にもなると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

HanT

人生は一度きり!

ICONIC

大学で日本語学科を専攻していましたHanです。2013年よりICONICでアルバイトとして働き始めました。かれこれ4年もの間、いろいろな外国人の方と接する機会をいただいています。人生は一度きりなので、これからも有意義に楽しんでいきたいと思います。

記事をシェアする

関連する記事