日本から持ってくるべきもの〜電化製品編〜

こんにちは!ミーサオハイサンです。

ベトナムに住むことが決まり、いざ荷造りとなったときに、日本から何を持って行こうか悩む人は多いのではないでしょうか?

ベトナムでどんな物が手に入るのか具体的なイメージがわかなかったり、日本のものが手に入るとしても価格がよく分からなかったり。かと言って、あれもこれも持って行くのには限界がありますよね。

そこで今回は、私個人の経験の中から、日本からベトナムに持ってくるべきもの〜電化製品編〜をお送りします。ベトナムに持ち込む荷物リストの参考になれば幸いです。

電化製品は高価格ですし、生活の一部となっている物が大抵だと思います。しかし重いものだったり、大きいものもありますよね。空港では荷物の重量制限、個数制限があります。「できればスーツケースに入れたくないな~」「でも現地で売ってるかな~」「値段はどうなんだろうな~」などなど、「手に入るか入らないか」、「生活必需」といったポイントで一番悩まれるかと思います。

1. ベトナムにない!持ってきてこれは良かった!という電化製品

2. 買う必要がないor べトナムで買った方が良い電化製品

3. 日本と値段が変わらず、品質上持っておいてきた方が良い電化製品

の順に紹介していきたいと思います。

とその前に!

ベトナムは日本と電圧が違います。ベトナムの電圧に対応していない製品を使おうとする場合、変圧器の用意が必要だったり、故障の原因となる可能性もありますのでご注意ください。

 

1.ベトナムにない!持ってきてこれは良かった!という製品

この章では、私の経験の中から、ベトナムに売っていなくて、これは持っておいてよかったなと思う商品を挙げていきます。

☑ Kindle

読書をされる方はご存じあるかと思います。Amazonが提供する電子書籍です。これは本当に持ってきてよかったなと思いました。というのも、なかなか紙ベースの日本語の本は少ないからです。また、新しい本が出て読みたい!ってなった時に、すぐ手に入ることはまずないですよね。

しかし、このKindleがあれば悩み解決!Amazonのアカウントで検索して、購入ダウンロードすれば、その場ですぐ読み始められるのです。そして何より、薄くて軽い!(笑)紙ベースの本でも持っていきたいなっていう本もあるはず。そんなときはKindleでダウンロードして持っていくのも一つです。

最近では目が疲れないブルーライトカットのものも出ているので、本を読む方であれば、必須商品だと思います。

☑ 電動シェーバー

男性は日常であることが多い髭剃り。海外に行く途中!海外に来た!というところで髭がなかなか剃れないなんてことはよくありますよね。私事でいうと髭が少々濃く、青くなるのでできれば毎日剃りたいのに、、

海外はシャワーであることが一般的です。そんな中、シェービングをして剃刀で剃る!というのは面倒で難しい。そこで、電動シェーバーはとても便利です。居候グッズと言っても過言ではありませんね。日本製の電動シェーバーは性能が良く、充電も長持ちします。こちらはぜひ持っておきましょう。

☑ 体重計やキッチンスケール、料理用の温度計

こちらは今ラインナップだけでなく、アナログでも、対応できるものだけどで自他の方が良いなっていうものです。こちらの製品はデジタル品が売られているのは少なく、入手困難であり、日本の方が安いので持っておくと便利です。

 

2.ベトナムで買った方が良い電化製品

この章では、持っていかなくてもいいもの、持っていこうかいかまいか迷う電化製品の中でベトナムで購入できるものを挙げていきます。

まず、前提として、アパートやマンションでは一通り必要な家電製品が取り付けられています。

それ以外の家電を買いたいときは、市内であれば家電量販店が多くありますので向かいましょう。ローカル的な小さいお店にも電化製品は安価で売っておりますが、商品の保証や修理対応の観点から、チェーン店などの大きい家電量販店を選ぶと無難でしょう。日本の製品も置いてあり、やはり品質は良いですよね。

これらを踏まえて、持っていこうかいかまいか迷い、結果いらない製品は…

☑ ヘアドライヤー

ベトナムに限らず、持っていくか持っていかないか迷う製品ですね。そんなに大きくないから、女性ですと特に髪の毛に関しては海外で悩まされるポイント。しかし、ベトナムでは持っていく必要が比較的低いです。近年、微粒子イオンを用いたヘアドライヤーが出てきています。安価な製品であれば日本円で1000円程度で買えるものもあるので、わざわざスーツケースに入れる必要はないでしょう。

また、上記のようにベトナムは日本と電圧が違うため、日本のヘアドライヤーを使うには変圧器が必要となります。

 

3.日本と値段が変わらず、品質上持っておいてきた方が良い製品

高性能な物は入手困難であるので、これは自分なりに必要というものは日本から持っていくのがお勧めです。近年都市化が進んでおり、便利さはましているとはいえ、日本とは違うことも多いです。また、輸入していることもあり、割高になっていることもしばしば。

例えばブラウンやフィリップス等の海外製品、日本製のものは日本で買った方が安いです。

 

まとめ

いかがでしたか?コロナ禍で今は渡航が難しくなっている中、隔離される方も多いと思います。隔離中であると、購入できない事がほとんどであるので、生活必需なものは持っておくのがベターだと思います。

 

乾季に歓喜する人

乾季に歓喜する人

ICONIC

気づけばベトナム在住歴7年目。クラクションの音も気にせず寝られる普通の主婦です。

記事をシェアする

関連する記事