【失敗しない】英文履歴書–データベース対策

記事をシェアする

前回に引き続き、オンライン上での英文履歴書(英文レジュメ)の応募方法についてお伝えします。

 

第一関門は、システムによるふるい落とし

英文履歴書(英文レジュメ)をネットにアップロードするにしろ、メールで送信するにしろ、応募先に届いた英文履歴書(英文レジュメ)は、採用管理システム(Applicant Tracking System)など何らかのデータベースに収められます。

最近では、AI(人工知能)を使って応募者をランク付け、採用担当者がより有力な応募者の英文履歴書(英文レジュメ)に先に目を通せるようなツールを使う企業もあります。
いずれにせよ、機械によるふるい落としに生き残って初めて、英文履歴書(英文レジュメ)を人間に見てもらえるということです。ですから、まずは機械による第一選考に通らなければならないのです。

 

キーワードを盛り込む

データベースに収められた英文履歴書(英文レジュメ)の内容は、キーワードをもとに検索されますので、応募職に応じたキーワードが英文履歴書(英文レジュメ)に含まれていることが必須です。
つまり、募集要項で使われているキーワード、鍵になる技能や資格を英文履歴書(英文レジュメ)に織り込まなければならないということです。具体的に、下記の例を見てみましょう。募集要項には、主な職務(job responsibilities)と応募要件(qualifications)が掲載されています。

[募集要項]
Executive Assistant
Executive Assistant is responsible for supporting a team of executives with the following core responsibilities:
・Complex schedule management across time zones
・Global travel planning and arrangements
・English-Japanese interpretation mainly at meetings

 
 
Qualifications
・Experience providing executive support assistance at senior leadership levels
・Business level English and Japanese
・Intermediate MS Office skills
・Strong communication and organizational skills
・Self-motivated and able to juggle multiple responsibilities

 

下記の英文履歴書(英文レジュメ)では、上記の募集要項にあるキーワードを散りばめ(ハイライト部分)、それを裏付ける資格や経験を強調しています。

EXECUTIVE ASSISTANT

 
 
・5 years’ experience as Executive Assistant to senior executives in global organizations.
・Experience in assisting both Japanese-speaking and English-speaking executives with

scheduling meetings with clients and business partners in Japan and overseas

planning and arranging domestic and international travels

interpreting at meetings and events

・Excellent communication skills in both Japanese and English: TOEIC 850
Advanced computer skills: MS Office–Word, Excel and PowerPoint
Self-starter;able to work on multiple projects simultaneously
・Strong organizational, administrative and follow-through skills

 

Professional Experience

 

上記では、Profile/Qualificationsのみ掲載していますが、経歴(Professional Experience)でも同様に、キーワードを盛り込みます。

 

応募職種や業界への理解度が試される

筆者も、読者に依頼されて英文履歴書(英文レジュメ)を作成する際には、応募職と類似した募集要項をネット上でいくつも検索し、最重要視されているスキルや経歴を伝えるのに、どのような表現が使われているかを調べますが、募集要項だけでなく、その職種や業界で働く上で鍵になる経験、技能、資格を英文履歴書(英文レジュメ)に記載することが重要です。当然ながら、応募職や業界でのキーワードを把握しておかなければならないということです。

ロングセラー著書多数

ロングセラー著書多数

ICONIC

日本で大学卒業後、日米企業勤務を経て渡米。MBA取得後、独立。アメリカで16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。その後、投資家に転身。在米30年後、東南アジアやヨーロッパをノマド生活中。訪問国は60ヵ国にわたり、英語のほかにスペイン語も操るが、中国語、韓国語、ベトナム語には苦戦。 著書に、ロングセラーの『英文履歴書の書き方』『面接の英語』のほか、『英語は7つの動詞でこんなに話せる』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(以上ジャパンタイムズ)、『ロジカルイングリッシュ』(ダイヤモンド社)など30冊。韓国語や中国語にも翻訳され、韓国、中国、台湾で出版されている。

記事をシェアする

関連する記事