【ピンクの教会だけじゃない!】1度は訪れたいベトナムの教会6選

記事をシェアする

ベトナムの市内観光といえば、“ピンクの教会”ことタンディン教会が有名ですね。
女子に大人気のフォトスポットとして、Instagtamで話題になりました。
しかし実際には、歴史のある美しい教会がベトナム各地にあるのをご存知でしょうか?

今回はベトナムの中心地から地方都市まで、一度は訪れたい有名な教会をピックアップしました。

 

コントゥムの木造教会

ベトナム中部の高原地帯に位置するコントゥム省。その町外れに、黒い外観が特徴の木造教会があります。
ローマの建築様式と、ダイグエン高原に古くから住む少数民族「バナ族」のダイグエン文化が融合した様式となっています。

コントゥム木造教会は100年以上前に建てられたにも関わらず、時間の経過による風害や侵食はほとんど受けていません。教会には先端の長い屋根やアーチ型の入り口、バナ民族の彫刻や装飾が施された柱や鐘楼などがあります。

nhathogokontum1nhathogo

 

ダラット大聖堂

ダラット大聖堂は別名「チキン教会」とも呼ばれています。
1943年に、ヨーロッパ17世紀頃の建築様式をベースに建てられました。こちらもベトナム少数民族の建築用法と西洋建築を融合した建物で、美しいステンドグラスが有名な教会です。

conga20nha-tho-con-ga-1__77816_zoom

 

ニャチャン教会

ずっしりとしたレンガ造りのゴシック様式教会です。
端にある塔は地上から38メートルもの高さがあり、存在感を醸し出しています。
内部は厳粛な雰囲気が漂う佇まいと美しいステンドグラスがあり、建築後70年に渡って守られています。

01-Giao-Phan-NhaTrang-ChanhToa-00-2nhathonui-05

 

ハノイ大聖堂

ハノイ大聖堂も同じく、ゴシック様式の教会です。
ステンドグラスを通して、アーチ型の内部に光が差し込む光景は幻想的です。
伝統的な民俗画や礼拝堂にある高さ2メートルのヨセフの像など、ハノイで最古かつ最大規模の教会らしい装飾となっています。
国内外からも多くの旅行者が訪れる有名な観光スポットです。

khamphanhungnhathocokientrucantuong3DSC_6466

 

バオロック教会

ベトナム中部のラムドン省にある教会です。
1999年に創設された比較的新しい教会で、ベトナムの伝統料理バインチュンとバインザイをモチーフしたというユニークな建築デザインとなっています。
教会は大きな12本の円柱に支えられており、直径36メートルにもなるドーム型の天井が特徴です。ステンドグラスの大きさは66平方メートルにのぼり、ベトナムの教会の中でも最大級となっています。

DaLat-BaoLoc-01bao_loc1

 

サイゴン大聖堂

ホーチミンのノートルダム大聖堂とも呼ばれる、サイゴン大聖堂。
1877年にフランス人によって建築されました。使用している煉瓦や石は、すべてフランスから輸入されたものです。ベトナムで最も古い120年ものの鐘がある教会としても有名です。
ホーチミンのシンボルといった存在で、若者に人気のデートスポットとなっています。

Nha tho Duc Ba Sai Gon (15)nhatho3

 
なお、教会を訪れる際は露出を控えた服装にし、静かに見学しましょう。
内部の撮影は教会側の案内に従い、撮影可能でもフラッシュは控えた方が良さそうです。

日本語翻訳ライター

日本語翻訳ライター

ICONIC

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事