日本からベトナムに持ってくるべきもの〜食品編〜

こんにちは!ミーサオハイサンです。

ベトナムに住むことが決まり、いざ荷造りとなったときに、日本から何を持って行こうか悩む人は多いのではないでしょうか?

ベトナムでどんな物が手に入るのか具体的なイメージがわかなかったり、日本のものが手に入るとしても価格がよく分からなかったり。かと言って、あれもこれも持って行くのには限界がありますよね。

そこで今回は、日本からベトナムに持ってくるべきもの〜食品編〜と題してお送りします。ベトナムに持ち込む荷物リストの参考になれば幸いです。

※各項目、「★絶対に持っていくもの」「☆荷物に余裕があれば持っていくもの」「◆ベトナムでも手に入りやすいもの」の3つに分けています。
「絶対に持っていくもの」は、
・ベトナムで手に入らない
・ベトナムでも売っているがかなり高額
・代用のきく製品がない
を基準にリストアップしています。

※あくまでも筆者の個人的な感覚なので、必要なものを考える際の参考としてお読みいただけたら幸いです。

 

調味料編

まずは料理に欠かせない調味料から!

★無添加鶏がらスープの素
★味噌
★マヨネーズ(キューピー以外だったら)
★だし酢
★おたふくソース
☆白だし
☆砂糖
☆塩(天日塩)
◆醤油
◆みりん
◆料理酒
◆リコピン多めのトマトケチャップ

無添加鶏がらスープの素はこちらでもありますが、とにかく高い!でも中華風スープやナムル、チャーハンを作るときにとっても重宝するし、代用可能なものもないので必ず買ってきます。

味噌も同じく。マヨネーズはキューピーはありますがほかはないので拘りがあれば持ってきます。

だし酢は常夏だからなのか酢の物がよく食べたくなるので(人によると思いますが笑)あると便利です。酢の物以外にもピクルスを作ったりできるので重宝しています。

おたふくソースはめちゃくちゃ高い!その割にお好み焼きをよく作るので必ず買ってきます。在庫が切れたら大人しく作っていますがやっぱり本物が美味しい。

砂糖と塩に関しては、オーガニックのものや上質な製品がスーパーや輸入品店で手に入るので、荷物に余裕があれば買ってきます。

醤油、みりん、料理酒はベトナムでも簡単に手に入ります。特にみりんと料理酒は、ベトナム現地の会社が作っているものがあり、割と安価で販売されているのでそれを使っています。醤油は高いですが使用頻度が高く、消費量が激しいのでこちらで調達することが多いです。

リコピン多めのトマトケチャップはトップバリュのものがちょっと高めですが手に入ります。ハインツのケチャップを使うことが多いですが、時々食べたくなるんですよね〜!なので無理して日本からは持って来ないけどこちらでトップバリュのものを時々買います。

 

乾物編

★七味唐辛子
★焼き海苔
★青のり
★かつおぶし
★インスタントスープの素
☆だしの素
☆昆布

七味唐辛子は売っています。売っていますが私は出身が長野なので、八幡屋礒五郎のものと決めています。(謎の長野プライド。)なので必ず買って帰ってきます。こういう拘りはできるだけ無くしたほうが荷物が減ります。笑

焼き海苔は韓国産のものが安価に購入できますが、やっぱり日本のものは風味とパリパリ感が断然良いです。なので大量には持ってこないけど必ず買ってきます。青のりはあまり見かけないので。

かつおぶしはとにかく高い!インスタントスープの素はあると朝食にパッと出せて便利でよく使うのに、ベトナムだと高いし種類が少ないので日本から買ってきます。

だしの素はこちらでも手に入りやすいですし茅乃舎のだしも売ってたりするので。昆布は時々丁寧に出汁を取りたくなることがあって(自分でもそのタイミングがなんなのかよく分かりません笑)そのときに使うくらいなので余裕があれば荷物に入れます。

 

ご飯のお供編

★ふりかけ
★梅干し
★海苔の佃煮
★鮭フレーク
★食べるラー油

ふりかけ、梅干し、海苔の佃煮、鮭フレークはベトナムだと高いから買ってきます。食べるラー油は売ってるのを見たことがないので。

 

製菓材料編

★アルミフリーのベーキングパウダー
★パウチのあんこ
★製菓用の米粉
★寒天パウダー
★フルーチェ
☆黒蜜
☆上新粉
◆黒糖
◆ゼラチンパウダー

ベーキングパウダーは現地のものが売っていますが、アルミフリーかどうか明記されているものがありません。またスーパーで手に入るのは重曹で、ベーキングパウダーは製菓材料店までわざわざ行かないと買えないのも手間なので日本から持って来ます。

黒糖とゼラチンパウダーは韓国産のものやベトナムのものが売っています。日本製に拘りがなければ持ってこなくても良いです。

 

その他

★カレールー
★ハヤシライスのルー
★シチューのルー
★インスタントの袋麺

カレールー、ハヤシライスのルー、シチューのルーといったルー達はトップバリュ製品もありますが我が家には合わないので、日本から好きなメーカーのものを買って帰ってきます。

インスタントの袋麺はこっちでは本当に高い!マルちゃん正麺やサッポロ一番などお気に入りを必ず買ってきます。

 

お菓子編

★柿の種(いろんな種類)
★お煎餅
★ピザポテト

この辺りは人それぞれ好みですよね。日本からの輸入品は基本的に倍以上の値段がするので、好きなものがあればたくさん買ってきておいて損はないです。

 

お米

お米は美味しい日本米がこちらで手に入るので、日本から持ち込んだことはありません。重くて嵩張るので、ベトナムで調達するのが◎。

 

日本の食品が欲しかったらどこに行けばいい?

※ホーチミン市の場合

アクルヒスーパー
なんでも揃うのはここ。

Hachi Hachi
アクルヒスーパーより食品は少なめですが、ひと通り揃えられると思います。

AEON MALL
トップバリュの商品が購入できます。イオンモール以外にも、citimartやministopでトップバリュ製品を購入できる店舗もあります。

無印良品
無印良品のお菓子やレトルトのパスタソースなどが手に入ります。物によっては日本で買うのとほぼ価格が変わらないものもあります。

 

まとめ

ベトナム生活を長く送っていても、一時帰国の際は毎回何を持って行こうか悩みます。ある程度持ち帰りたいものをリストアップして優先順位を決めておくと、買い物の際にあれこれ悩まなくて良いと思います。
持ってきたけど使わないうちに賞味期限切れに…なんてことにならないように、上手に買い物ができると良いですね!(経験談)

乾季に歓喜する人

乾季に歓喜する人

ICONIC

気づけばベトナム在住歴7年目。クラクションの音も気にせず寝られる普通の主婦です。

記事をシェアする

関連する記事