【観光だけじゃわからない】ホーチミンに駐在してわかったことまとめ

記事をシェアする

近年、女性向けのかわいい雑貨が手に入る観光地として話題のベトナムですが、住んでみるとまた違った発見があります。


1.町がどんどん変わっていく

日本人の私は2年前の2013年の8月に、ホーチミンシティーに一度旅行に来ています。

そして2015年の現在、懐かしく思いながら町を再び歩いてみると…町の様子が違う!

mainstreet

ついこの間、道路の再編がありました。「2年前にはこんなに大きな道路、無かったのに…」と思いながら、グエンフエ通りを歩きました。

経済発展めまぐるしいベトナムでは、どんどん近代的な高層ビルが建てられています。ショッピングビルの壁には液晶が埋め込まれており、巨大な広告が映し出されています。

東京にあってもおかしくないくらいです。(東京の割にはちょっとネオンが派手目かもだけど)

building

「半年前来たときと町がずいぶん違う!」と、弊社を訪れた日本のビジネスマンも言います。

この、町の変化のスピードはベトナム人にとっても驚きらしく「こんなお店できたんだね」とよく話題にものぼります。

ロングステイすることで、東南アジアの発展を肌で感じることができますよ!

 

2.ベトナム人は自炊しない!?

観光ではないので、スーパーで食品を買って、自炊をするつもりだった筆者。

ところが。

「ベトナム人は自炊しないよ」

えっ…!

ベトナムを訪れたことがある人ならお分かりでしょうが

町中のいたるところに食べ物屋があります。

localrestaurant

ローカルレストラン

lokalrestaurant

tabemonoya

椅子が出ているところは大体食べ物屋…!

3食外食で済ます、というのは

日本人である私からすると「不健康な生活」というイメージがありますが

ベトナムの外食はとてもヘルシー!その上安いのです。

cha

おかゆ。このあとダックをゆでたものがどかんと来ます。中華がゆっぽいお味。

べトナム料理といえばフォーや生春巻き、ビーフンなどが有名ですが、

どれにも野菜や香草がどっさり入っています。

ベトナム人同僚に聞いたところ、「仕事が早い時間から始まるから、自炊しない」とのことでした。(弊社は8時出勤です)

時間の節約にもなって、健康的でおいしいからということで

外食3食することは特に珍しいことではないようです。

便利で手軽で、いいですね!

3.お手伝いさん付き!?

現在私は、大家さんがいるお家の一室を借りて生活しています。

私「洗濯する場所はどこですか?」

大家さん「私がやるよ?」

えっ(2度目)

今回の私のケースでは、大家さんがやってくださっていますが(いつも本当にありがとうございます)

ベトナムではお手伝いさんを別に雇う方も多いらしいのです。

私が帰宅すると、お洗濯物がふかふかになってベッドにおいてあります。(いつも本当にありがとうございます…!)

お手伝いさんの給与は一番安い方だと月に3,000,000ドン(約15,000円)くらい。

ベトナム、まだまだ教育の差による格差がかなりあるのです。

弊社のベトナム人スタッフだと、ベトナムドンではなくドル換算になります。

外国人だけでなく、このようなベトナム人も、お手伝いさんを雇うそうです。

そしてそれはいたって普通のことだとか。

お仕事が忙しい方なら、帰宅して掃除洗濯炊事をやる大変さをよくご存知ではないでしょうか。(学生さんもよく直面する問題ですね)

なんとベトナムならすべて解決です。びっくり!

アジア諸国の中でも、その性格が日本と近いとされるベトナムですが

滞在するとまた違った印象を持ちます。

このエネルギッシュなホーチミンがこれからどう変わっていくのか、それもまた楽しみですね!

日本人女子大生。10歳のときフィリピン、マニラに2年間ステイしたおかげで、いつの間にかすっかり東南アジア女。あのけたたましさと、フルーツが大好き。ホーチミンは2度目で、他にはカンボジア(アンコールワット)など。シティーも大好きだけど、日本人が知るべきはバリ以外のアジアンリゾート。ダイビングライセンス有。一緒に海に行きましょうー!

記事をシェアする

関連する記事