あなたは何個知ってる?ベトナムのテトでやってはいけないこと

記事をシェアする

ベトナム人にとって、旧正月の2月上旬の時期であるテトは家族や親戚全員が集まって、年末年始を過ごすとても大事な時期です。旧正月ならではのしきたりやルールがテトの間にあります。今回はテトの間にやってはいけないことを紹介したいと思います。


 

1.テトの始めに掃除をしてはいけない

日本のようにベトナムでも年末の大掃除という文化はあり、家中をきれいな状態して、新たな年を迎えることによって新年のスタートを切るという習慣があるようです。そのため、新年に掃除するということはベトナムでは家から外へ幸運を掃き出す行為として見られるようです。新年に掃除をしてしまうと、その年に家族に不幸がもたらしたり、金運が落ちてしまうと言われています。

quet_nha

2.黒服や白服を着てはいけない

アジアでは黒と白の組み合わせは喪服を想像させるようです。したがってベトナムでは旧正月、テトの初めの時期に黒服や白服を着るのは避けられています。新年の時期はベトナム人が赤や黄色、ピンク、青などの明るい色の服を着るようになっていなどです。明るい色は新年を明るくするという意味がこめられています。

130312035620-430-15

3.髪の毛や爪を切ってはいけない

ベトナムの霊的観念により、元旦に髪と爪を切るのは不運を持たらすと言われています。髪と爪は体の部分で、元旦の日に体の部分を切るべきではないからです。

cat-toc-18-bi-mat-de-co-bo-mong-xinh-hoan-hao-0

4.カップやお皿を割ってはいけない

年末年始の楽しいときに、食器を割るのを避けなければなりません。不幸や災難を招くと言われています。それでもなお、もし食器が割れる音が聞こえてしまったら、新年を祝う爆竹の音だと勘違いしましょう。

alm vo do

5.物やお金の貸し借りをしてはいけない

テトの始めは、ベトナム人はお金や物の貸し借りを避けます。なぜなら、新年は新しいスタートと見なすためであり、人に新年にお金や物を貸すという行為は自らの財運を下げる行為として見られるからです。貸し借りのあるベトナム人は年末に全てを解決するように努力します。もし、解決されなかったら、テトのシーズンが終わるまでずっと待ち、終わってから解決します。

tui-nhuc-khi-lay-phai-chong-ho-keo-01a536_635507915482864138

6.他人に水や火を渡してはいけない

火が財産と幸運を表すと言われ、ベトナム人は自分の運気を上げるためにライターを持っています。だから年初にお寺へ行くと、自分でライターを持って来たほうがいいです。水もお金を表し、水を他人に渡すという行為はお金を人にあげるという行為と同じ行為として見られます。ベトナムでは古くから水はお金をほのめかすものとして見なされます。

7.説教や口論をしてはいけない

新年の始めに、口論や喧嘩などをするのはやめましょう。新年に関わらず、空気を乱しますし、また不運をもたらすと言われています。嫌なことがあっても、我慢して笑ってごまかすようにベトナムの家族はします。家族全員が場の空気を和やかにさせます。その日に子供がいたずらをしてしまっても大人は笑って、許してあげます。

tre-di-tieu-nhieu-2

8.テトシーズン中に特定のプレゼントをしてはいけない

テトの間はベトナム人は家族や友達にプレゼントを挙げる習慣がありますが、プレゼントしてはいけないものがいくつかあります。それは時計です。特に年配の方に時計をプレゼントしてはいけません、寿命を短くさせるという意味合いがあるからです。またフォークやナイフをプレゼントしてもいけません。フォークとナイフが家族に不幸や対立などをもたらすと言われています。テトにプレゼントをあげるつもりでした、以上の2点をプレゼントしないように注意してください。

rolexdao muong

 

いかがでしたか?太陽暦を採用している日本はもうすでにいつもどおりの生活に戻っていると思いますが、
ベトナムはこれからが正月シーズンです。ベトナムでは年間に祝日は10日しかなく、その大半はテトのシーズンを占めます。
テトの時期はほとんどのお店は正月休みでしまっています。それほど、ベトナム人にとって非常に大事な時期です。


出典: http://www.yeutretho.vn/nhung-dieu-nguoi-viet-thuong-kieng-ky-trong-ngay-dau-nam-moi-222543.html

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事