【インドネシアの祝日】インドネシアと日本の祝日の違いは・・・??<2022年版>

みなさん、こんにちはgreenです!!
本格的な雨季に突入し、インドネシアでも寒いと感じてしまいます。。。
雨が降らなければムシムシしています。。。

さて、本日は2022年のインドネシアの祝祭日についてお話したいと思います。
日本では、お正月お盆休みが大型連休と言われていますがインドネシアではお正月休み・お盆休みが存在しないのです。

そんな文化の違いなども含めて詳しく解説していきますね。
どうぞ最後までお付き合い下さいませ。
#2021年版はコチラ

 

インドネシアの祝祭日(2022年)

インドネシアでは毎年約20日間前後の政府指定休日・宗教的な祝祭日があります。
その前後で政府指定休日が設定される事もあり、連休となる仕組みです。

、、、しかし!!新型コロナウイルスの影響で2022年度は祝祭日が例年より少なく、長距離移動を防ぐために政府指定の祝祭日が急に変更になり23転しておりますので、ご予定を立てる際はご注意下さいね。
#2021年12月10日時点での情報です

1月1日(土)
新年

2月1日(火)
イムレック(中国旧正月)

2月28日(月)
ムハマッド昇天祭

3月3日(木)
ニュピ(サカ歴新年)

4月15日(金)
キリスト受難日(聖金曜日)

5月1日(土)
メーデー
5月2日(月)~3日(火)
レバラン(断食明けの大祭)
5月16日(月)
ワイサック(仏教大祭)
5月26日(木)
キリスト昇天祭

6月1日(水)
パンシャチラの日

7月9日(土)
イドゥールアドハ(犠牲祭)
7月30日(土)
イスラム歴新年

8月17日(水)
インドネシア独立記念日

10月8日(土)
ムハマッド降誕祭

12月25日(日)
クリスマス

インドネシアは多宗教ですので、それぞれの宗教行事が祝祭日となり、暦で日程が決まり毎年日にちがずれていきます。

日本で言うお正月よりも、宗教行事の方がこちらでは大きなイベントとして取り扱われているように思います。

 

インドネシアで言うお正月

日本でお正月は、家族でゆっくり過ごしたり実家に帰省したりしますよね。
インドネシアでの11日はただの祝日で、レストランなど飲食店で働いている人たちは通常通り仕事をしています。

私も従業員を抱えていますが、初年度の新年の頃「従業員みんな休むのかな。。。」と心配しておりましたが、全くそんなことはなく31日も希望休なく通常通り働いてくれました。

インドネシアで言うお正月は、断食明けの大祭「レバラン」が大型連休となり、一斉に実家へ帰省し家族と過ごします。

その時だけはジャカルタの渋滞がパタリと止まるのです。
一度、レバランの頃ジャカルタへ行きましたが渋滞なく快適してた。
でも、タクシードライバーも休んでいる人が多かったのでタクシーを捕まえるのに少し苦労しましたが。。笑

こう見ると恐ろしい渋滞ですね。。。

イスラム圏の国であれば全土で断食・断食明けの大祭が開催されます。
この時期はテロが起きやすいと言われておりますので、海外渡航の際は十分に情報を仕入れて気を付けて下さいね。

 

祝祭日に感じる事

断食明けの大祭はイスラム教の宗教行事なのでキリスト教徒や仏教徒には関係のない事で、イスラム教徒の人は仕事を休む、それ以外の宗教の人は仕事をするという感じだったのですがここ最近、イスラム教徒だろうがキリスト教徒だろうが宗教関係なくレバラン時に大型連休を取っているように感じます。

というのも、インドネシア国民の約9割がイスラム教徒なので表向きは平等と言いつつもどうしてもイスラム教徒よりの設定になっているのです。
クリスマスなどキリスト教の宗教行事などは大型連休ではなく、イスラム教以外の人たちもレバランしか大型連休が取れないのでそこでみんな休みを取るみたいですね。

逆にクリスマスも、イスラム教徒の人たちも休みを取って出かけたりしているようです。

ニュピ(サカ歴新年)は、バリ島で「外出禁止」「労働禁止」「火気・電気禁止」など定められていて、欲を捨て1日静かに瞑想をする日と言われています。
飛行機の発着もなく、本当に自然を感じる事が出来るようです。

こちらの宗教行事も、環境問題の観点から徐々に注目されつつあるようです。
もしタイミングがあえば、電気も使わずバリでのんびりと過ごしてみてくださいね。
非日常で贅沢な時間が過ごせると思います。

 

まとめ

日本には日本の祝日文化、インドネシアにはインドネシアの祝日文化が存在し現地にいないと味わえない事がたくさんあります。

インドネシアにも伝統的な文化、宗教的な文化もたくさん存在しますので、ぜひインドネシア赴任が決まりましたら宗教行事に参加してみてくださいね!!

インドネシアの方達は宗教関係なく受け入れてくれますのでご心配なく。
私も、犠牲祭や断食明けの大祭の行事に参加させて貰っておりますので。
#犠牲祭についてはコチラ

素敵なインドネシアライフになるよう応援しています!!
一緒に楽しみましょう。


最後までありがとうございました。

★maki green★

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

maki green

「与えられた環境を楽しむ」をモットーに生きてたら、インドネシアに辿り着きました(笑) 猫アレルギーなのに猫11匹と共存してたり、甘いの嫌いなのにクレープ屋を経営してたりちょっと変わってるんだと思います。。。 楽しむことを常に探しているため、どこかにいけば何か面白いことが起こります。 そんな、面白いエピソードを交えてインドネシアの魅力をお伝えしたいと思います!

記事をシェアする

関連する記事