【お役立ち情報】どこで日本料理は食べれる・・・?日本の調味料、食材は購入可能??

みなさん、こんにちはgreenです!!
インドネシアは1年通して半袖で過ごしますので、毎年年末年始の実感がわきません。。。
日本の四季が改めて素晴らしいものだと気づかされますね。

さて、本日はインドネシアでの日本食レストランについてお話したいと思います。
旅行ですとせっかくだしインドネシア料理を食べよう!!となるかと思いますが、長期で住むとなるとやはり日本料理は恋しくなりますよね。

今回はお役立ち情報として、日本の食材などどこで買えるのかも詳しく解説して行きたいと思いますのでぜひ最後までご覧くださいね。

 

インドネシアでの日本食文化

日本食って実はインドネシアで人気なんです!!
まず有名なのが、「ラーメン」「お寿司」「カツ」が人気メニューにあがってきます。
ドラえもん、ナルトなどのアニメ・漫画から知ったという方がほとんど。

インドネシアでは生魚を食べる文化はないので、お寿司屋さん(回転すし)は炙りサーモンとかが多いです。
チキンショップかっ!!っていう位揚げ物が多く回っている時もあります。笑
もちろん生魚もあり、好きな方はお刺身なども注文されています。

ジャカルタは日系企業の駐在の方が多いので日本のお寿司屋さんと変わりない味ですが、私の住んでいるジョグジャカルタでは、お寿司屋さんに来るお客さんはほぼインドネシア人なので好みもがっつりインドネシア人よりです。
#酢飯ではない

ちなみに、日本ではからあげが人気商品になってきますがインドネシアでは「からあげ」という名前があまり知られていないので、「カツ」の方が売れるそうです。

そして現在は、インドネシアで韓国ブームなので韓国料理屋も増えては来ていますが、日本食は負けず劣らず根強い人気を誇っています。

私はジョグジャカルタでクレープ屋を営んでおりますが、「日本料理も出してよ!!」と言うお声がたくさん届きますので、リクエストがあれば裏メニューとして提供しております。
最近、何屋かわからなくなってきました。。。笑

 

日系スーパー

「パパイヤ」という日本の食材が買えるスーパーがジャカルタ、スラバヤ、バリにあります。
こちら、表記も日本語で「ここは日本か!?」と錯覚してしまうほどお客さんも日本人の方が多いです。

物によっては輸入コストなどが上乗せされますので、日本で買うより少々お高いです、、、が!!それでも欲しくなるんですよね。
コロナ禍になり、日本にも帰りづらくなっているのでインドネシア在住組みはかなり重宝しています。

「ローカルの調味料などでまかなえないの??」と思われるかも知れませんが、醤油ひとつとってもローカルの醤油とキッコーマンの醤油では味が全然違うのです。

お酢の味も全然違いますし、わさび・ポン酢などはインドネシア料理で使う事はありませんからね。
私がいるジョグジャカルタにも早く出来てほしいと願うばかり。。。

オンラインショップでも日本の調味料など購入可能です!!

 

ジャカルタの日本人街

ジャカルタで一番有名な日本人街は「ブロックM」というエリアです。
リトル東京とも言われています。
日本人向けのインドネシア語学校があったり、日本円レートのいい換金所があったり先述した日系スーパー・パパイヤもあります。

そしてなんといっても、日本人が目指すは「居酒屋」です。
17時頃から開店し始め、お店によってはお客さん全員日本人!!というお店もあり、中にはオーナーさんが日本の方で日系企業の接待にも使われていたりします。

おすすめ居酒屋は、、、

武士道
寿司天国
かまどや仁左衛門

日本からお客様が来られても接待としても使える場所です。
ぜひ機会があれば行ってみてくださいね~

さらにはブロックMエリアで年に一度(コロナ禍の前)、「縁日祭(えんにちさい)」という世界最大規模の日本のお祭りが開催されていました。
現在は残念ながら中止となってしまっておりますが、2019年の開催は2日間で30万人以上動員するなどの人気っぷりです。

日本の「食」と「文化」のお祭りで、神輿やよさこいなどの催し物や太鼓、三味線、舞踊など伝統的なパフォーマンス、日本人アーティストによるライブミュージックがあり日本さながらのお祭りとなっております。

こちらもタイミングが合えば参加してみてくださいね!!

ちなみに、インドネシアに進出している大手日系飲食店は、、、
・牛角
・吉野家
・丸亀製麺
・ココイチ
・一風堂
・大阪王将
・大戸屋etc…

などがあります。
個人で進出されている方も数多くあり、ジャカルタは本当に日本と変わりない生活が出来ます。
#羨ましい。。。

 

まとめ

ジャカルタのモールには、牛角やラーメン屋など多くの日系企業の飲食店が存在しメニューも日本語で書かれているので「ここは日本かっ!!」と錯覚してしまうほどです。

インドネシアに来た当初は、ジャカルタは渋滞ひどいしわざわざ行かなくても・・・と思っておりましたが、今ではおいしい物を食べにジャカルタに行きたくなる位です。笑

1年間の赴任だけでもきっと日本食は恋しくなると思いますので、ブロックMエリアには一度足をお運びくださいね。

ジョグジャカルタにはちゃんとした日本料理屋がないので、近日「スナックみどり」を開業予定ですので機会がありましたら是非お越しくださいませ~~

それではみなさまにとってインドネシアライフが素敵な物になりますように♬


最後までありがとうございました!!

★maki green★


猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

猫アレルギーなのに猫11匹と共存中。。。

maki green

「与えられた環境を楽しむ」をモットーに生きてたら、インドネシアに辿り着きました(笑) 猫アレルギーなのに猫11匹と共存してたり、甘いの嫌いなのにクレープ屋を経営してたりちょっと変わってるんだと思います。。。 楽しむことを常に探しているため、どこかにいけば何か面白いことが起こります。 そんな、面白いエピソードを交えてインドネシアの魅力をお伝えしたいと思います!

記事をシェアする

関連する記事