インドネシアで仕事をしよう~なぜインドネシア~

記事をシェアする

はじめまして!ICONIC インドネシアのFukumuraです。

これから何回かに分けて、実際にインドネシアで働きはじめた私が感じた、インドネシア事情についてお伝えしていきたいと思います。

 

・インドネシアってどんなとこ?

・インドネシアへ移住する前に準備するべきことは?

・実際に引っ越しってどうする?

・現地の生活をどうやってスタートする?

・インドネシア語はどんな言葉?

・食事は口に合う?

・買い物するところってある?

・インドネシア人ってどんなひとたち?

・インドネシアの治安は?

 

などなど、私が辿っていった経緯と実際の体験をお伝えしていければと思います。

 

まず初回は、インドネシアで暮らし始める前に、そもそもなぜインドネシア?について。

すでに日本でも話題として出てくることが多いインドネシアですが、ニュースなどで話題になるよりずっと前から、企業は目を付けており、日系企業の進出は今も変わらず続いています。

 

インドネシアは間違いなく、これからも成長の余地とチャンスが多くある地です!

 

■生産拠点、そして消費市場としてのインドネシア

 

現時点でインドネシアへ進出している日系企業は、製造業の比率が高くなっています。それはもともと、人件費の安い国での生産拠点として、人件費の高騰する中国からインドネシアへ移ってくる流れもあり、多くの製造業が進出してきました。それは今でも続いており、インドネシアで生産し日本へ輸出する、という企業が多くあります。

 

一方で最近では、インドネシアでも人件費は高騰してきています。この数年で最低賃金が2倍となり急激に上昇している状況です。そんな中、日系企業が狙うのは消費市場としてのインドネシアです。インドネシアには約2.5億人の人々が暮らしています。またその中には収入の少ない層の人々も多くいます。その層の経済レベルが底上げされ中間層が増加してくると、さらに大きな消費市場になってくる、という状況です。そしてその動きは間違いなく起きています。事実、例えばインドネシア市場向けの自動車業界の動きはまだまだ活況です。

 

■関連する業界も活発に

 

人々が手にする最終製品(自動車、家電、PC、携帯電話 etc.)が売れ始めると、勿論そこに紐づく業界も活況になります。例えば、自動車部品を製造しているサプライヤーや、そのサプライヤーに製造機械を販売している商社、および仕入れ元のメーカーなどです。加えて、そういった企業の工場の規模が大きくなってくると、より効率よく生産するために細かく数値で管理したり、コンピュータで制御・管理したりする改革ニーズも増してきます。そうすると企業向けにシステム構築をしているIT企業が活況になります。ここについても実際に日系のIT(SIer)企業が業績を拡大させてきていることからも、すでに始まっている動きです。勿論日系に限らずインドネシア企業も成長しており、ある商社の方の話では、現地ローカル企業から買い付けて日系企業へ販売する国内取引も増加してきているようです。

 

■インターネット関連、その他サービス業も

 

インターネット関連のサービスも、国の成長とともに拡大しています。実際にはインターネット利用者数は世界でも上位に入るようですが、普及率自体は東南アジアの中で高い方、というわけではないようです。なので、実はまだまだポテンシャルを秘めている、ということです。

モバイルユーザーは非常に多く、またFacebookだけではなく、様々なソーシャルサービスが広く普及しています。国全体の平均年齢がまだまだ若く、若年層が多いことも一因かもしれません。間違いなく今後で、例えばインターネットでの買い物(EC)など、拡大していくことが予想できます。

消費者が多くいる、ということで飲食業や保険業なども拡大をしています。

 

■課題は…

 

経済にとって良いことづくしのような状況ですが、順調に成長していくには勿論課題もあります。インフラ環境がまだあまり整っていないこと、物流の問題、ビジネス圏一極集中、都市圏での洪水などなど色々乗り越えるべき課題はあると思います。

例えば、EC事業がもっと広がって行くためには、物流がもっと整備される必要がありますが、首都圏の渋滞のひどさを考えると、そこの解消は容易ではないと思います。

 

ただし、こういった課題には反対にビジネスチャンスも多く潜んでいると思います。例えば最近首都ジャカルタでは渋滞解消の一つの施策としてMRTという地下鉄の建設が始まりました。これらは一つの大きなビジネスと雇用を生み出していると思います。

 

++

 

とにかく、インドネシアはまだまだチャンスが多い地であることは間違いない、ということです。

インドネシアの状況について、一部分をお伝えしましたが、これからの記事の中で、そんなインドネシアで仕事を始めるには、という視点で役立つ情報をお伝えしていきたいと思います。

記事をシェアする

関連する記事