マレーシアでも確定申告は必要!初めて行う場合の手順とは【2019年度分】

記事をシェアする

こんにちは!マレーシア在住のライター ノマドゆきこです。
マレーシアでの生活・お役立ち情報を発信中!今回のテーマは「マレーシアの確定申告の手順」です。

マレーシア 確定申告の画像

マレーシアで働いている場合、基本的には自分で確定申告をしなければなりません。

初めて確定申告を行う場合どうしたらいいのか、不安ですよね。

この記事では初めて確定申告を行う場合の手順を紹介します!

マレーシアの確定申告をする時期と対象期間

マレーシアで必要な確定申告の対象期間は昨年の1月1日から12月31日までの分です。

昨年度の分を翌年4月30日までに申告する必要があります。

つまり、「2019年1月1日から12月31日までの分を2020年4月末日までに申告」すれば良いということになります。

確定申告に必要なものと手順

◆税務署の場所を調べておく
まずは税務署の場所を調べておきましょう。

マレーシアの税務署は
「Inland Revenue Board Of Malaysia (IRB または IRBM)」(英語)
「Lembaga Hasil Dalam Negri Malaysia (LHDN または LHDNM)」(マレー語)
と呼ばれます。

どこの税務署に言っても手続きできるので、家や会社の近くなど行きやすい場所を見つけておいてください。

◆確定申告の手順
1)昨年の1月1日から12月31日の期間に所属していた会社に「EAフォーム」を作成してもらう

2)「PINナンバー」を取得するため、税務署に行く

◆必要なもの
・パスポート
・EAフォーム(TAX番号が記載されているもの)


税務署によって異なりますが、このような表示が目印です。


列に並び、PINコードを発行します。


申請用紙に必要事項を記入すると、TAX番号とPINコードが印字された用紙が発行されます。

3)税務署のオンラインシステムを使い、確定申告を行う

◆必要なもの
・パスポート
・税務署で発行した用紙(TAX番号とPINコードが記載されているもの)
・口座情報がわかるもの

オンライン上で申請するため家でもできますが、わからない箇所はスタッフに質問できるため、初めての場合や不安な場合は税務署で申請するのがおすすめです。


税務署のオンラインシステムのフォームに沿って入力していくと、申請できます。

PINコードが印字されている用紙にも、英語で入力手順が書かれています。

4)確定申告の際に登録した口座へ振り込まれる

この手順を踏めば確定申告ができます!

過去5年分の申請が可能なので、「昨年分の確定申告がまだできていない!」という方も申請できるので、ぜひやっておきましょう!

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

毎日食べても良いくらいロティ チャナイが好き

ICONIC

マレーシア・クアラルンプールとタイ・バンコクを行き来するノマドワーカー。出産を機にフリーランスに転身。息子(1歳)の子育てに奮闘中!

記事をシェアする

関連する記事