ベトナムの入学式は大切です。

記事をシェアする

ベトナム人のVyです。今回はベトナムの教育について書きます。特に、入学式です。

発展途上国では普通入学式は簡単に行われていますが、ベトナムは違います。

新学期が始まるという日に学生の楽しい雰囲気を失いません。


 

アメリカでは、新学期は7月下旬から8月上旬に始まります。

ロシアとフランスでは、入学式は9月1日に開催されます。

また、日本は4月や5月に行われます。

オーストラリアで新学期を始める日は1月27日です。

ベトナムでは、入学式は毎年9月5日に行われます。

 

この日、学生は新しい服を着て、うきうきした気分で学校に行きます。

学校の周りに、彼らは重要な日を歓迎するためにたくさんの飾りを掛けます。

校庭には、学生と教師に向け椅子が配置されています。

img_0118_qfbx

nu-sinh-truong-chu-van-an-duyen-dang-ngay-khai-truong-b08606

 

儀式は午前7:30から始まります。学校のすべての教師と学生が参加します。学生はクラスによって長い列を作ります。

各クラスの班長は名前ボードと風船を持っています。最初は旗を上げて、国歌を歌います。これは、儀式の中で最も重要な部分であると考えられます。毎週月曜日、教師と学生も旗を上げる式をします。

quoc_AYYM.jpg

 

そして、学校の代表者はこの日に出席したVIPを紹介します。

次は、Ho Chi Minh大統領の手紙と新学期開始スピーチを読みます。

学生の代表は、学生の考えと名誉の約束を発表します。

dsc08484

 

校長は新学期を開始するように太鼓を打ちます。同時に、学生が空に風船を放して、担任の先生に花を贈ります。

nu-sinh-truong-chu-van-an-duyen-dang-ngay-khai-truong-172222

 

儀式の後で、学校は学生に向けて、楽しい雰囲気を作るために歌、踊り、民俗遊びなどの活動を開催します。これはたぶん儀式の中で皆に最も気に入られて、待望されている部分でしょう。

学校の条件に応じて、学生と教師は大規模または小規模で活動を行うことができます。その後、学生は家に帰って明日からの勉強へ準備をします。

IMG_8950

 

新学期式は重要なイベントです。新しい学年を始めて、学生にとっての新たな成長として考えられます。

数年前では、ベトナムの入学式は正午まで続きましたから、学生は遅く帰ってきます。しかし近年では、入学式は短縮されています。先生も学生も、眠いと感じません。
どうしてベトナムでは9月5日が入学式なのでしょう?
1945年9月5日に、Ho Chi Minh大統領が独立宣言書を読んで、ベトナム民主共和国を出生すると宣布した日が3日の日だからです。彼はベトナムでの最初の入学式をきっかけに、学生たちに手紙を送りました。重要な意義による、この日は毎年の新学期を始める日になりました。

大切な日で、大切な式です。

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事