ベトナムの伝統工芸品, トーへー (Tò He)

記事をシェアする

トーへー(トーへー(Tò He))は古くからある伝統的な工芸品です。作り方も昔から変わらず、トーへー(Tò He)は重要なベトナム文化の1つです。


images1997142_3.3

トーへー(Tò He)とは?

トーへー(Tò He)は、古くからある伝統工芸品の1つです。水と米粉をこねた生地に、木の粉末や、ウコン、ターメリックなどの粉末を混ぜ、色の付いた生地で竹串に様々な牛や鶏、犬、猫などの動物、アニメのキャラクター、食べ物(バナナ、アップル、ドラゴンフルーツ)などを形作ります。粘着性が非常に強く、一度形付けてしまったあとで再び形を変えることができません。米粉で作られているので、小さな子供が万が一食べても、大丈夫です。一般的にバイクや自転車などの稼動式屋台で公園やお祭りのときによく見かけるでしょう。

botnan50bnghedantoc50a1

トーへー(Tò He) の特徴

長い歴史があるのにもかかわらずトーへー(Tò He)の起源は未だはっきりしていません。トーへー(Tò He)職人で最も有名な場所は、スァンラー(Xuan La)村、ハータイ(Ha Tay)省です。トーへー(Tò He)を作るのに、約5〜7分かかります。トーへー(Tò He)が作られている屋台には自然と子どもたちが集まります。作っている最中を子供達が食い入るように見ているのを職人達は見ると、幸せに感じるそうです。外国人観光客にもトーへー(Tò He)は人気です。どんなに複雑な技術のいるデザインでも職人達は作れます。近年、トーへー(Tò He)は文化交流プログラムでベトナム文化を象徴する伝統的な芸術工芸品として選ばれました。

3462445862_08880bb385_170462488  images1997144_4.2

外国人にも人気のベトナムのお土産

しかし、この工芸品の短所は長持ちしないということです。米粉は吸着性は強いのですが、脆弱で、乾燥によってひび割れしやすく、3〜10日間しか保ちません。したがって、トーへー(Tò He)を海外に封をせずにそのまま持ち込むと割れていることが多く、お土産としては向いていないのかもしれません。

Tò_he_1
私は子供の頃、母とお祭りに行った時、職人さん達が地面に座って熱心にトーへー(Tò He)を作っていたのを覚えています。私は、いつも見るたびになぜ彼らは複雑な造形品を作ることが出来るんだろうと不思議に思っていました。昔はいつも私の家にはトーへー(Tò He)が飾られていましたが、近年は職人さんの数が減っており、都心部ではなかなか見る機会がなく、一部の地方にしかトーへー(Tò He)が作れる職人さんがいない状態になっています。日本の飴細工と作り方もすごく似ていると私は思いました。


参考にトーへー(Tò He)を作っている動画を載せておきます

https://www.youtube.com/watch?v=0T7erm9zttY

参考(http://baotangnhanhoc.org/vi/tin-tuc-su-kien/tin-tuc-su-kien-1/951-to-he.html

vytran

ICONIC

私はVyと申します。友達からはMoonと呼ばれています。ベトナム人です。1992年12月12日生まれました。射手座です。HOASEN 大学を卒業し、専門はビジネス英語です。ホーチミン市に家族と一緒に住んでいます。暇な時、買い物したり、映画を見たり、音楽を聞いたりします。今まで、ICONIC会社で翻訳者として働いています。機会があれば、私は日本の人々や文化についてを学ぶために日本に行きたいです。どうぞ宜しくお願いします。

記事をシェアする

関連する記事