ホーチミンに恋して~サイゴン川編~

記事をシェアする

こんにちは、パクチー丹羽です。
今年もホワイトデーがやって来ましたね。

バレンタインのお返しに何かしないと……と思いつつ、毎年ネタ切れに困っているそこのアナタ。

チョコよりも甘~い時間を提供すれば勝ち! ということで、最高のロケーションに彼女を呼び出し、愛を伝えてみてはいかがでしょう?

大都会ホーチミンにも、そんな、ロマンチックなスポットあるんです。
舞台はサイゴン川。ホワイトデー決戦が今、幕を開けます。


 

第10話

Saigon River in Ho Chi Minh City

~夕暮れに染まる川面と君~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モタモタしていたら、あっという間にホワイトデーが来てしまった。

 

 

“俺、あやなとヨリ戻すつもりです。ホワイトデーに、告白するって決めましたから”

 

 

 

 

腕時計を見る。

16時53分。

 

 

定時の17時過ぎたら、すぐにあやなを誘おう。

こうすけには悪いが、同じ会社だからこそできる抜け駆けってやつだ。

 

 

 

 

それにしても、本当にあやなが幼馴染だったとは……。

あやなが入社してきた頃が、懐かしい。

 

 

 


『そろそろ、準備するよ!』

 

第1話Halloween in Ho Chi Minh~雨季と僕らの空模様~より

 

 

 


あやなは、ずっと知っていたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

……はっ!

そんなことを思いながら仕事を片付けていたら、もう17時だ。

 

急いであやなを誘いに、隣の部署まで行く。

 

 

 

 

 

「あれ? 先輩、あやなどこに行ったか知ってますか?」

 

 

 

 

「もう帰ったよ」

 

 

 

「え、ええ! あ、ありがとうございます」

 

 

 

 

 

 

完全にやらかした。

普段は17時ちょっと過ぎくらいまではいるはずなのに、今日はきっちり定時に出たのか。

 

 

 

このままだと、こうすけに先を越されてしまう!

 

 

 

でも、どこで会っているんだろう。

ホーチミンの告白スポットと言えば……前に同僚のベトナム人が話していた、あそこだろうか。

 

 

 

 

急いでオフィスを出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cầu Cây Bàng (Rạch Cá Trê) サイゴン川越しに象徴的なビル「ビテクスコ」などのホーチミンの景色を一望できる絶好のスポット。夕方~夜の時間帯がおすすめ。

 

 

いた。やっぱり。

サイゴン川越しにホーチミン市が綺麗に見える、ここだよな……。

 

サイゴン川沿いには、飲み物や軽食が買える屋台がいくつか並んでいる。

 

 

週末はカップルや観光客で賑わっているが、今日は平日だからか、まばらにいる程度だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あやなっ」  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『え、まもる! なんでここに……』

 

 

 

 

 

 

 

 

「あやなが幼馴染だってこと、今までずっと思い出せなくてごめん!」

 

 

急いで2人を探しに来た勢いに任せて、ずっと謝りたかったことを口にする。

今は、何故僕がここに来たかとか、そういう話は、いい。

 

 

 

 

「遅すぎるだろ、気が付くの」

 

 

 

 

こうすけは、すかさず僕を責める言葉を突きつけてきた。

僕とあやなが幼馴染だったこと、知ってたのか。

 

 

 

 

 

 

 

『い、いいの! もう、いいの・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

対岸のホーチミンのビルの間から、目を開けられないくらい眩しい夕日が僕たちを照らす。

 

 

 

 

サイゴン川を渡る貨物船のボーッという汽笛だけが響く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なあ、あやな。俺はまだあやなのことが好きだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「また、俺と付き合ってくれないか」

 

 

 

 

 

沈黙を破ったのは、こうすけだった。

 

 

 

 

俺も、あやなに今想いを伝えなかったら絶対後悔する。

意を固めてここまできたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「……俺は……小さい頃のあやなとのこと忘れてた。最低だと思う。それに、こうすけさんの方があやなと一緒にいた時間は長いし、俺より知ってることも多いと思う」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だけど・・・俺もあやなのことが、好きだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、少しの沈黙が流れた後、サイゴン川を見ながら、あやなが口を開いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『こうちゃんは、本当に今まで大事にしてくれたけど、やっぱり戻るのは無理だと思う』

 

 

 

 

 

あやなは、はっきり断りつつも、こうすけの顔が見られないのか川面を見つめたままだった。

 

 

 

 

 

「俺じゃ……だめなのか? 今は、俺もこうしてホーチミンに住んでるし、あやなの近くにいられる」

 

 

 

 

 

『・・・ごめん。だけど、こうちゃんじゃ、ダメなんだ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・そっか」

 

 

 

 

こうすけは、あやなが一度決めたら変えない性格なのを知ってか、それ以上問うことはなかった。

 

 

そして、何も言わずにこの場から離れていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『こうちゃんは、優しいし、かっこいいんだけどね』

 

 

 

 

こうすけが見えなくなって2人きりになってから、あやなが口を開いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ねえ、まもる・・・実は、言わなきゃいけないことがあるんだ』

 

 

 

 

 

「何?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『私、4月から1年間マレーシア支社に異動になったの』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「……えっ」

 

 

 

一瞬、頭が真っ白になる。

 

 

ってことは、あと2週間後には、あやながいなくなるってこと?

 

 

 

 

「うそだろ……そんな突然」

 

 

 

1年間もあやながホーチミンにいないなんて。

一緒に飯行ったり、お茶したり、あやなのワガママな買い物に付き合わされたり・・・当たり前だと思っていたことが、全部できなくなるなんて。

 

 

 

 

そんなの、耐えられそうにない。

 

 

 

 

 

 

『だけど・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『まもるのこと、好きになっちゃった。・・・どうすればいいかな?』

 

 

 

 

 

 

「え、す、好きって俺のこと!?」

 

 

ずっと聞きたかった、嬉しすぎる言葉に、動揺した。

 

 

 

 

あやなも、俺のことを好きになってくれるなんて。

 

 

 

 

 

 

『聞き返さないでよ。恥ずかしいじゃんっ。あーあ、ずっと一緒に居られたらいいのにな~』

 

 

 

 

サイゴン川の強い風に吹かれて、照れながら笑っているあやなを見つめる。

 

 

嬉しさと、寂しさが同時に込み上げてきて、この気持ちをどう処理すればいいのかわからない。

 

 

 

 

お互い好きでも、離れなければならない。

マレーシアで頑張るあやなのために、付き合わない方がいいのか、遠距離でも付き合うべきか……。

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺も、ずっと一緒にいたいよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイゴン川編-完-

 

 

 

 

 


ここまで、10話に渡ってお伝えしてきた「ホーチミンに恋して」シリーズ。

ついに両想いになったまもるとあやなですが、あやながなんとマレーシアに異動。
2人はどう答えを出すのでしょうか。

次回はついに、最終話。

どうぞラストまでお見逃しなく!

 

■ここまでのバックナンバーを読み返したい方はコチラ

パクチー丹羽

ホーチミンでざわ、ざわ、ざわ

ICONIC

2015年の夏、初めてタイを訪れすっかり虜に。東南アジアをもっと知りたい!!と思いつつ、ヨーロッパを放浪したのち、今はベトナムで絶賛奮闘中。 今までに訪れた国は計10か国。どこでも生きていける環境適応力高い系女子。

記事をシェアする

関連する記事