英語が活かせる海外求人特集

記事をシェアする

英語が活かせる海外求人特集

英語が活かせる海外求人特集をご覧いただき、ありがとうございます。
「英語力を活かして海外で働きたい」「英語を使う仕事に就いて、語学力を伸ばしたい」と考えた際、みなさんがイメージするのは、アメリカやオーストラリアといった英語圏での仕事ではないでしょうか。しかし、実際はアジアでも英語力を活かして働くことができるのです。
そこで本記事では、英語を使って働きたい方が「アジア」を視野に入れて転職活動すべき理由と、求人情報についてお伝えします。

 

英語力が活かせる!海外求人特集

≪カンボジア勤務≫通訳兼秘書

【業務内容】銀行の役員室もしくはCEO等幹部の通訳・翻訳業務、秘書業務全般ほか
【求める英語力】ビジネスレベル以上(オーストラリア人が多く、非常に速い英語を理解し通訳できる方)
【勤務地】カンボジア – プノンペン
【給与】年収 3,000,000~4,500,000JPY (額面) ・ 交渉可能
カンボジアの商業銀行にて通訳業務や秘書業務をお任せします。経験者を優遇しますが、未経験でも応募可能です。英語力に自信のある方はご応募ください!

求人詳細・応募はこちら


≪コンサルティングやマーケット・リサーチを提供する日系企業≫ライターを募集!

【業務内容】英文ニュースの日本語翻訳、Web記事の公開及びメール配信、ファクトチェック、記事校正・加筆等
【求める英語力】高い英文の翻訳能力、及び日本語の文章表現に問題のない方
【勤務地】マレーシア – クアラルンプール
【給与】月収 6,000~7,000MYR (額面)
ニュース記事翻訳や法人向けメール配信、記事作成などをお任せします。稀にインタビューや取材活動なども発生します。ライター経験を積みたい方にオススメの求人です。

求人詳細・応募はこちら


≪大手損害保険グループ≫営業・マーケティングスタッフを募集

【業務内容】既存日系顧客に対する損害保険の営業、更新時のサポート、新規提案など
【求める英語力】ローカル担当者と意思疎通ができる、英文契約書を十分に読みこなせるレベル
【勤務地】シンガポール
【給与】月収 3,000~5,000SGD (額面)
大手損害保険グループのシンガポール拠点の求人です。提案営業や更新サポート業務、新サービスのご案内などを担当します。英語力+営業経験を活かして活躍してください。

求人詳細・応募はこちら


≪駐在案件≫商社兼メーカー企業にて電子部品の海外営業を募集

【業務内容】海外製造移管の引継ぎ、協力工場への指示、納期管理、現地顧客との調整など
【求める英語力】社内コミュニケーションで使用できるレベル
【勤務地】マレーシア – クアラルンプール
【給与】年収 4,000,000~6,000,000JPY (額面)
電子部品専門商社の求人です。受注案件の海外製造移管の引継ぎや、工場への指示、納期管理などを担います。将来的には現地採用社員の育成といった、拠点責任者としての業務もお任せします。

求人詳細・応募はこちら


≪営業経験×英語が活かせる≫大手総合建材メーカーのグループ企業にて、営業スタッフを募集

【業務内容】日系既存顧客対応、新規開拓営業、海外マーケットへの対応
【求める英語力】中級~ビジネスレベル(社内公用語は英語)
【勤務地】ベトナム – ホーチミン、ハノイ
【給与】月収 2,000~2,500USD (額面)
東証一部上場の大手建材メーカーグループの求人です。日系顧客向けの営業活動を担います。将来的には他国の海外駐在になる可能性もあり、アクティブに活動したい方におすすめです。

求人詳細・応募はこちら


≪大手グループ商社勤務≫輸出入マネージャー

【業務内容】通関業務、輸出入業務、関連機関とのコミュニケーション・交渉、部門マネジメント
【求める英語力】日常会話~ビジネスレベル
【勤務地】インドネシア – ジャカルタ
【給与】月収 30,000,000~45,000,000IDR (手取り)
大手自動車メーカーグループの商社における求人です。通関・輸出入業務の他、マネジメント業務をお任せします。住宅手当や運転手付き車両の支給などもあります。

求人詳細・応募はこちら


iconicJobは、「英語力を活かして転職したい」「グローバル環境で働きたい」方を支援する転職支援サービスを無料で提供しています。履歴書・職務経歴書のアドバイス、キャリア形成に関するご相談、条件にマッチする企業のご紹介など、サポートが必要な方はお気軽にご連絡ください。

転職支援サービスに登録(無料)

 

 

アジアでの仕事では、英語がコミュニケーションツール

打ち合わせをしている欧米系のビジネスマン&ウーマン

アジアに拠点を置く企業では様々な国籍の方が働いており、社内でのコミュニケーションや取引先とのやり取りは英語を使う機会が多く、英語力の高さが転職におけるアドバンテージになることは間違いありません。また一方で、日系企業や日本人顧客への対応が発生することも多く、日本語スピーカーへの需要もあるのがアジア人材市場の特徴です。

一方で欧米諸国の英語圏では、英語力の高さが求められるものの、日本語スピーカーを対象とした求人が少なく業種・職種の選択肢も少ないのが現状です。そのため弊社では、英語を使って働きたいという目的に即したアジア転職をオススメしています。

特に、ベトナム・インドネシア・マレーシア・シンガポールといった東南アジアでの在留邦人数は年々増加しており、製造業を始めとする日系企業も数多く進出しています。
また、近年ではEF Education Firstが発表した「世界英語能力ランキング(EF EPI 2018)」において、英語力が「非常に高い」とされる3位にシンガポールがランクイン。マレーシアやベトナムも「標準~高い」のレベルに続き、49位の日本を上回る能力レベルとなりました。アジアにおける英語能力の向上とその重要性、そして英語力を活かして働ける環境が広がっていることが分かります。

 

アジア転職において求められる英語力

見開いた英和辞典

アジア求人に応募する際に求められる英語力は、業種・職種・ポジションなどによって様々ですが、多くは社内コミュニケーションが可能なレベル以上を求められると考えて良いでしょう。仮に能力が不足していても、相手に伝えようとする努力や、継続的な学習意欲があれば応募できる求人もたくさんあります。現地にはネイティブスピーカーを講師とした英語教室がある他、語学手当が支給される企業もあり、英語学習者を支援する体制も整いつつあります。

ネイティブレベル・ビジネスレベルの方にとっても、高度な英語力を活かせる求人が充実しています。外資系企業やグローバル展開が盛んな日系企業の求人、英語ネイティブスタッフとのやり取りが求められるポジションも多いためです。さらなる英語力の研鑽を目指す方々にとっても、アジアが刺激的な環境であることは間違いありません。

 

英語力は、あくまでアドバンテージ?

英語のスキルアップ過程 width=

先述したとおり、「英語が使える」ことは海外求人に応募する上でアドバンテージになりますが、それだけで転職活動が成功するとは限りません。日本国内での転職と同様、業務経験やその中で培ってきたスキル・実績も評価の対象になります。特にマネージャークラスの求人に応募する際は、英語力だけに頼らず、そうしたスキル・実績に基づいた経験もしっかりとアピールしてください。

高い英語力や専門性を求められる場合は、TOEICスコアや留学・海外生活経験の他、外資系企業や外国人顧客との商談、外国人スタッフとのコミュニケーション経験など、実業務の中でどのように英語を使っていたのかを伝えましょう。採用担当の方も、採用後にあなたが活躍するイメージがわくはずです。

 

英文履歴書の書き方を知ろう

最後に、実際に応募する際の注意点を確認しましょう。

海外求人は現地にある企業は勿論のこと、日系企業であっても英文履歴書の提出を求められることがあります。特に外資系企業の英語力が求められるポジションでは、外国人の上司や関連スタッフに情報共有する必要があるため、ほとんどの場合に英文履歴書の提出が必要になります。

一定の英語力があるものの、これまでに英文履歴書を書いたことがない方は、日本の履歴書・職務経歴書との違いや、書き方のポイントなどを事前に把握しておくと良いでしょう。

 
以上、基本的な対策をお伝えしましたが、何をすべきか分からないことも多いと思います。求人に応募して良いのかお悩みの方は、ぜひキャリアアドバイザーに相談してみてください。

転職支援サービスに登録(無料)

Create Beyond

Create Beyond

ICONIC

iconicjobのブログ編集部です。アジア各国における求人情報や採用傾向など、アジア転職にお役立ていただける、現地情報を発信しています。ベトナム・インドネシア等のエリア別、業種・職種別に求人をまとめた特集や、企業インタビューを掲載しています。

記事をシェアする

関連する記事